ちいさな心とおおきな世界

悩める若者の雑記と旅行記。チェコ共和国プラハに留学中。

【一人旅】ハンガリー・センテンドレへお出かけ!観光オススメ情報

 

 

こんにちは!

ハンガリー小旅行3日目にして最終日です。やっぱり週末だけだと時間的に色々限界があるなあ〜他の都市に全然いけない。いろんなところを転々とするのがもともと好きなタイプなので、物足りない感がすごいですね〜まあそんなこと言っておきながらも宿でダラダラと毎日寝坊してるから何とも言えないのですが…

 

そんなわけで今日はちょっとブダペストからお出かけします!日帰りプチエクスカージョンって感じですね。行き先はセンテンドレという郊外の小さな街です!わっしょい!

 

 

 

 

 

 

ブダペストからセンテンドレへの行き方

 

センテンドレはブダペスト中心からドナウ川沿いに20kmほど北にある小さな街です

交通アクセスも容易で、ブダペスト市内のブダ側、つまりドナウ川を挟んで西側のエリアからH5という電車が走っています。緑色の可愛い電車。

こいつに乗って行くと40分ほどで到着します。走っている感覚も20~30分に一本くらいくるので不便に感じることもありません。

 

f:id:mockenbird1010:20171117122531j:plain

 

 

このH5はブダ側の色々な駅から出ていて特に考えなくても乗れると思います。僕はAcuincumという駅から乗車しました。ランチに買ったケバブをくわえながら。。車内はガラガラってわけでもなく、混んでるってほどでもなかったです。

 

 

 

激安ケバブを美味しくいただいていたら電車がきてしまった…

ケバブ屋のお兄ちゃん

f:id:mockenbird1010:20171117122115j:plain

 

 

 

途中の道は田舎の風景!って感じで、のどかでとても美しいので、みていて飽きませんでしたね。

 

 

ちなみに途中の駅が終点になっている電車もあるので注意してください!と言っても特に何に気をつける必要もなく、ただ降りて次の電車のセンテンドレ行きを待てばいいだけです!しかも同じプラットフォームなので簡単です。

 

途中で車掌さんがチケットを取りに回ってくるのですが、僕は市内の一日フリーパスを見せたら300Ft(130円)ほどでした。正確にはどこからどこまでがいくらなのかわからなかったのですが、結構やすかったです。

 

 

あと僕は知らなかったのですが、実はセンテンドレへは船のクルーズでドナウ川を渡っていけるのだとか!!何その素敵な移動!!陸路も良かったけどさ!!羨ましい!

 

 

 

センテンドレってどんな街?

 

まあぶっちゃけお土産物屋さんが並んでるいわゆる観光地なんですけど、かなりこじんまりしている雰囲気が良かったですね。

 

この街はハンガリー国内なのですが、セルビア系の人々の入植が盛んで、ハンガリー国内におけるセルビア人の中心地だったそうです。「何が違うの?」ってなりますよね?笑

宗教が違います!どちらも同じキリスト教ではあるのですが、セルビアセルビア正教という独自の、カトリックとは全然違う路線のキリスト教なのです。ロシア系と言えばちょっとわかりやいですかね。へ〜って感じ。

 

「それで?見てて何が違うの??」(再び)

要するに教会の建物が違うらしいです!建築様式が!!

最近プラハやらブダペストカトリックのtheゴシックって感じの豪華な建築にちょっと飽きてきていたから、目の気分転換にいいかなって。

 

そしてそれ以前にもずっと存在する都市で千年以上もの歴史があるみたいです。すごい!

 

 

もう一つ特徴としては、こういったちょっと郊外にある小さくて静かで自然が豊かな街にありがちなんですけど、芸術が盛んだそうです。多くの若い芸術家たちがここにアトリエを構えて作品の制作などに取り組んでいたそうです。

そのため街中を観光しているだけでもたくさんのアトリエが目に入り、興味がひかれたところへ入って行くと気にいる絵画などが置いてあるかもしれません!

 

 

かなり小さな街なので1~2時間ほどで歩き回れてしまうのも魅力です^^

 

 

 

 

 

町歩きしてみた!

 

 

街中に入って早速、小さな可愛いアトリエが目に入る

f:id:mockenbird1010:20171117122129j:plain

 

こういう絵とかデザインが大好きなので中に入ってジロジロ見物してきました

 

 

石畳で、道幅も結構狭め。

f:id:mockenbird1010:20171117122157j:plain

 

 

 

ここ!!以前友達がセンテンドレ行ってた時にお土産でコーヒー豆を買ってきてくれたんですけどそのお店だ!!!パッケージが一緒!

f:id:mockenbird1010:20171117122150j:plain

中に入ってその話をしたかったけれど残念ながら日曜日でお店はおやすみ…

 

 

土産物屋の並ぶ中心通り

f:id:mockenbird1010:20171117131114j:plain

 

 

謎に山のように鍵が飾ってあったり

f:id:mockenbird1010:20171117122201j:plain

 

 

真ん中で真っ二つに別れてしまったようなデザインの家があったり

f:id:mockenbird1010:20171117122209j:plain

 

 

ビック◯ーイのキャラクターとしか思えないような。。

というか書いてあるし。笑

f:id:mockenbird1010:20171117122213j:plain

 

 

中心広場の一角。カラフルな建物が素敵。チェスキークロムロフとか好きな人はここも好きなんだろうなあ。メルヘンっぽい建物たち。

f:id:mockenbird1010:20171117122219j:plain

 

 

みんな大好きなこれもあった!うわ!可愛い!テンション上がる!

f:id:mockenbird1010:20171117122313j:plain



食器類の展示してあるお店もあった。素敵だったなあ。かなりオススメ

f:id:mockenbird1010:20171117122228j:plain

 

 

ハートと窓のコントラストが好き

f:id:mockenbird1010:20171117122239j:plain

 

 

街中のカフェで休んでいたお茶目な二人組。

f:id:mockenbird1010:20171117122234j:plain

そうそう街中にはたくさんのおしゃれなカフェがあったから町歩きに疲れたら休むと良さそう。

 

 

ナニコレ怖いんだけど

f:id:mockenbird1010:20171117122244j:plain

 

 

これ!街の中心にあったセルビア正教会の教会!独特な赤とシンプルなデザインが可愛い!

f:id:mockenbird1010:20171117122249j:plain

 

 

飼い主と待つ犬

f:id:mockenbird1010:20171117122305j:plain

 

 

路地もいっぱい

f:id:mockenbird1010:20171117122308j:plain

 

 

チェコと一緒でこの国もかなり犬を買ってる人が多い。しかも放し飼いも結構いて、のびのびと犬が楽しそう。犬同士のじゃれ合いから、飼い主同士のちょっとした会話に発展してたりして、和やかな雰囲気がとっても好き。休憩中の飼い主と戯れる犬たち。

f:id:mockenbird1010:20171117122319j:plain

 

 

街の中心の中でも一番高いところにあるセルビア正教会。本当にシンプル!

f:id:mockenbird1010:20171117122325j:plain

 

 

ハロウィンの気配。そう言えば最近知ったんだけど、このハロウィンに使われるかぼちゃって美味しくないから食べないんだってね。いつも食べてるかぼちゃだと思ってた。

f:id:mockenbird1010:20171117122342j:plain

 

 

 

こちら僕がめっちゃ気に入ったセレクトショップ!!なんか地下にあって独特な雰囲気が流れてます。お店のおっちゃんが優しくて、これはどこのデザイナーが作ったものとか優しく説明してくれたり

f:id:mockenbird1010:20171117122403j:plain

 

 

 

ハンガリー語と英語を覚えるための簡単なゲームだって。絵が可愛すぎてドツボ。ポストカードちょっと高めだったけど買ってしまった。

f:id:mockenbird1010:20171117122359j:plain

 

 

謎に唐辛子だらけのお店。。。有名なのかな。

f:id:mockenbird1010:20171117122408j:plain

 

 

そうそうハンガリー藍染でも有名だそうです!確かにこれを見ると凄そう…ってなる。

f:id:mockenbird1010:20171117122413j:plain

 

 

中心を外れると観光地だって忘れてしますようなのどかな風雨系がたまらない。お散歩中かな

f:id:mockenbird1010:20171117131056j:plain

 

 

こんなちょっとした一コマが大好きです

f:id:mockenbird1010:20171117131100j:plain

 

 

そして何と言ってもドナウ川!!

雄大すぎる。ほんとうに川が近くにあるだけで街は豊かになる。精神的に。

多くの人たちがのんびりと堤防や河川敷を散歩していた。

f:id:mockenbird1010:20171117131105j:plain

 

 

 

 

先ほどのピンクっぽい色の教会にもう一度。紅葉が綺麗になってますね〜

f:id:mockenbird1010:20171117122424j:plain

 

 

子供がたくさん遊んでいるのが印象的だった

f:id:mockenbird1010:20171117122435j:plain

 

 

こんなすごい細い道とかもあった!人とすれ違えるだけの幅がない!

息子を肩車で連れてくるパパさん。

f:id:mockenbird1010:20171117122442j:plain

 

 

遊ぶ子供たち。この子達とちょっと写真で遊んでたりした。

f:id:mockenbird1010:20171117122452j:plain

 

 

夕暮れがとっても美しかったです。

f:id:mockenbird1010:20171117122430j:plain

 

 

 

街の形が真ん中が丘になっていて、それに登って行くように高低差の多い形になっています。丘の一番上に教会があって街のどこからでも見えるようになっている。

 

小さな路地やら入り組んだ道なんかもたくさんあって、「ああ!ここがこの広場に続いているのか!」と発見がたくさんできて町歩きのとっても楽しい街でした。

 

中心通りにはお土産物屋さんが立ち並んでいるのですが、全部同じものを売っているわけでもなく、それぞれ個性があり、時々ギャラリーがあったりと、一つ一つのお店に入るもの楽しくて仕方がない!

 

小さな街を自分の足で歩き回るのが好きなタイプの人は本当に好きな街だと思います^^

 

 

 

 個人的なコレクション

 

街中を歩いている時にたくさん可愛くて変わった形の表札?を見かけたのでコレクションしてみました^^

良かったらこれ以上に色々見つけてみてください笑

 

 

目型

眼科さんかなぁ?

f:id:mockenbird1010:20171117122255j:plain

 

ハサミ型

これは散髪屋さん??

f:id:mockenbird1010:20171117122259j:plain

 

 

ドラゴン型

これは…なんだ…ペットショップ?笑

f:id:mockenbird1010:20171117122331j:plain

 

 

果実のような何か

これは…全くわからない

f:id:mockenbird1010:20171117122335j:plain

 

A型

おしゃれ!都会にありそうなロゴ!イニシャルとみた

f:id:mockenbird1010:20171117122353j:plain

 

 

はい、以上です。笑

個人的にとっても楽しんでこれ探していました 

 

 

 

 

 

ワインセラーでお勉強という名の試飲大会

 

なんと!町歩きだけではおわらないセンテンドレの魅力。

ワインミュージアムがあるそうなのだ!行くしかない!!

(ちなみにマジパンミュージアムもあるらしい。今回はいいや。笑)

 

 

レストラン併設で、地下がワインミュージアムになってて無料で入れる!

場所はここ:The National Wine Museum and Labirintus Restauran

 

中心通りなのだが、ちょっとわかりづらい場所にあって、レストランの中に入って内側から地下へ行くとある。

 

 

圧倒的な雰囲気を醸し出すミュージアム

f:id:mockenbird1010:20171117122456j:plain

 

まずは一人で見学。

いろんなワインのボトルがあって、ハンガリーのワイン生産地ごとの特徴や種類などを細かに記載されている。何と言ってもこのワインセラーの雰囲気がめちゃくちゃいい!

 

 

ちなみに入り口には仰々しい注意書きが。「ワイン飲む人十戒

わざわざ日本語でもあるなんて…いろんな言語で置いてあった…

ちゃんと覚えてけよってことか…

f:id:mockenbird1010:20171117122502j:plain

 

 

そしてちょっと勉強した気になったのでお待ちかね!テイスティングいきたいと思います!!

地上かにいたレストランのおじいさんを呼んできてテイスティングをしたいという!1000Ft(420円)で3杯飲ませてくれるという。その時は、「あれ?意外とするな。」って思ったけどよく考えたらバカ安い笑

 

200mlくらいずつ注いでくれたから。(しかもちょっとしたパンのつまみもくれた)

おじいさんにオススメを聞いたりしながらテイスティングするものを選ぶ。

おじいさんのオススメのなんか度数が高いドライの赤、エゲル産の赤のすごいやつ、同じみトカイワインのオフドライのすごいやつの三つを最初に飲んだんだけど、どれも美味しすぎて…!!エゲルの赤すごかった!!味わいが深すぎて…すごい!(語彙力のなさ)

 

 

おじいさんはボトルを買わせようとしていて(基本的にボトルを買ってもらう人向けなのかな)僕が決めかねているとうだうだ時間を取っていると、忙しそうなおじいさんはもっと飲ませてくれた。全部で5杯もいただいてしまった。

 

f:id:mockenbird1010:20171117122510j:plain

 

どれも美味しかったし、このワインセラーの雰囲気の中で飲むのがまたよかった…。

 

迷った末に結局、クリスマス用にトカイワインの オフドライをいただいていくことに。お値段2000円弱。かなりお買い得だとは思うなあ。

 

いやあ!気分が良い!!美味しいワインを飲み尽くした!幸せ!

 

 

 

 

まとめ

 

いや、センテンドレ最高でした!

期待値以上の満足度がありました。晴れてたらもっと気分良かっただろうなあ。

これでも十分満足!一人でもかなり楽しるスポットだと感じました。 

 

何が良いって街並みもそうですけど、観光地なのに人が騒がしくないし、みんなののんびりした雰囲気が町全体に素敵な空気をもたらしていました。川沿いも街中も。

 

f:id:mockenbird1010:20171117131109j:plain

川沿いの連れ添い



ブダペストに数日間滞在する予定のある方はぜひ足を伸ばして日帰りで訪れて欲しい街ですね。近くてアクセスも良いし、お土産などもブダペストよりも良いものが安い値段で手に入りそうです!

 

 

今回のセンテンドレの特にオススメポイント

・可愛い街並みと狭い路地など町歩き

ギャラリーや様々なお店巡り

ドナウ川沿いでリラックス

ワインミュージアム

 

 

ですね!!ぜひ参考にしてみて訪れてみて欲しいです〜〜

 

 

 

ハンガリー最終日にこんな素敵な場所にこれて良かった。いい気分で帰れる…

 

 

それでは!

 

 

 

↓ 良かったらクリックお願いします^^

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村

 

 

 

 

大学生が一刻も早く一眼レフカメラを買って写真を趣味にすると良い4つの理由

 

f:id:mockenbird1010:20171118010722j:plain

 

 

 

こんにちは。現在チェコに留学中の写真が大好きな現役大学生あつきです!

今日は特に大学生・これから大学生になる人たちにオススメしたい記事です。

 

 

 

ズバリ、「写真」という趣味をオススメします。

何が良いのか4つの理由をまとめて見ました。写真を趣味にする魅力は単純に写真に止まらず、あなたのこれからの人生を豊かに、そして記憶に残るものにしてくれることにあります。

 

まず…

「写真を趣味にするとはなんぞ…?」という人のために、

 

簡単にいうと、デジタル一眼カメラを買って、自分の好きなものを日常的に撮り続けることです!これは何を撮るか、どのように撮るかなど人によって全く違ってきます。人それぞれの楽しみ方があるのも写真の魅力なのです!!

 

 

 

そしてこれを始めるならば早ければ、早いほど良いです。今すぐ始めることを推奨します!!

 

もちろん大学生以外の全ての人にもオススメします。是非この記事を読んで写真の魅力に気づいて、一刻も早くそこに投資して自分の人生をより良いものにしていって欲しいです!

 

 

 

 

 

 

1. 大学生のうちに趣味ができる

f:id:mockenbird1010:20171118012229j:plain

 

これがまさに大学生にオススメしたい理由です。

大学生になって信じられないほど自分の自由に使える時間が増えますよね?

これからなる人たちへ、信じられないほど増えるんですよ。楽しみにしていてください。

 

ただ、しかし。突然現れた自分の時間に戸惑い、上手に使えない人が多くいることが現状でしょう。友達との飲み会やバイトに明け暮れる毎日。

「何か新しいことしたいけど…」「楽しいけど、なんとなく日々が退屈…」

そんな思いを抱える人たちに写真という趣味を始めることを強くオススメします。

 

 

 

なぜ大学生か?

 

なぜならズバリ一番の理由は時間があるからです。

高校生までのうちは一日中学校があって、それ以外の時間も部活動や受験勉強のために使ってしまう人がほとんどだと思います。しかし大学生は授業時間も劇的に減り、部活動をしている人にとってもかなり減るでしょう。つまり「自分の時間」がかなりできるわけです。

そしてこれが社会人になって働き出したら、時間がなくてこうも行かないでしょう。時間が取れたとしても「何か新しいことをしよう!」と思い立って始められる人はかなり減ると思います。

 

 

もう一つ、多くの大学生がアルバイトを始めることで、自分自身でお金を稼ぐ初めての時期となります。

これが大事。「初めてのお給料、何に使おうかな?」とワクワクしますよね?是非それを自分の趣味のために使ってみてください!そもそも趣味は自分の楽しみのためにするものであるので、親のお金なんかでやるものではありません。自分で稼いだお金で、初めて自分のためにカメラを買ってみてください。その時の感動は一生忘れられないものになるし、そのカメラのことを長く大事に使い続けるようになります。

人のお金で買ってもらった趣味のための道具に、そのような愛着は湧きません。自分で汗水垂らして働いて得たお金で買うからこそ、それは自分にとって特別になるのです。

 

 

 

なので自分の時間があり、自分のお金が稼げる今のうちに何か好きな趣味を作ってことが、あなたの人生をより豊かにするためのきっかけとなるはずです!

 

 

 

写真という趣味のメリット

f:id:mockenbird1010:20171118012143j:plain

まず趣味としてかなり始めるハードルが低いです。

何と言っても現在では私たちの身近にいくらでも存在いていて、しかも誰もがカメラとなれるスマホを持っています。そもそも何か新しい楽器を始めたり、スポーツを始めたりするよりも、圧倒的に手軽に始められるのがポイントです。

 

そして一人でも友達とでも楽しめる趣味というのも大事です。

一人ぼっちだったとしても、僕は写真を撮っていれば楽しく時間を過ごせます。自分の世界に没頭できます。集団行動を強要されたりするのが好きではないタイプの人にとって、自分のペースでゆっくりできる写真は本当に素晴らしいです。チームで動いたりするのも楽しいんですけどね。それがストレスになったりすることもありますからね。また、集団が好きでも集まらないと何も始まらないスポーツなどはまず人を集めるのがハードルです。しかし写真は自分とカメラがあれば成り立ってしまうのもメリットですね。

また反対に、写真好きな友達たちと一緒にいて、お互いの写真について話し合ったりするのも非常に楽しいし、勉強になります。本当にびっくりするくらい、それぞれの写真に対する考え方や、写真の捉え方が全然違うんです!是非サークルやインターネットなどで写真を趣味としている先輩や友達を作ってください。一緒にあーでもないこーでもないと言って学んでいくのは本当に楽しいものだと思います。

 

そして意外かもしれませんが、この趣味はあまりお金がかかりません

一眼レフカメラというとかなり高価なものだと思うでしょう。確かにそれは間違っていません。一眼レフカメラは先端技術の詰め込まれたものであり、決して安く手軽に手に入るものではありません。しかし、ピンキリであり、最近ではエントリー機種なんかは5万円以下でカメラとレンズがセットになって売ってることも少なくありません。中古でもよければ3万円以下で状態の良いものが買えます。

 

 

オススメな定番エントリー機種はこのあたり。

エントリー機種の少し型落ちで値段が落ちているレンズキットが狙い目です!

 エントリーとしてはそこまで性能の差はわかりません。

 

 

そして何と言っても、このカメラに対する初期投資を超えたら、ずっとお金がかかることなく楽しめちゃいます!バンドをやるにしても楽器の他に場所代がかかりますし、スポーツをやるにしてもチームに所属するお金や場所代がかかってきたりします。

 

それに比べて写真は場所は公園でも、道端でも、自分の家の中でさえいいのです!場所は問いません。あなたの身の回りにあるもの全てが被写体になりうるのですから。

 

 

カメラを始めるのかなりのお金がかかるように思えるかもしれませんが、長い目で見ればかなりお金がかからずお得な趣味と言えます!

 

 

 

 

2. カメラと写真は一生ものの資産

 

写真という趣味を始めるならば、早ければ早い方が良いです。早いもんがちみたいなものです。なぜ早く始めた方が良いのでしょうか?

 

 

記録(思い出)が残る

f:id:mockenbird1010:20171118010739j:plain

もちろん何を撮るかはその人次第だと思います。人物を美しく取りたい人、家族の写真を取りたい人、何気ない日常のスナップ写真を取りたい人、美しい風景を撮りたい人。まさに十人十色です。しかし何を撮るにしても共通して言えることがあります。それは、その時の思い出が記録となって残ることです。これは写真の根源であり、最大の魅力でしょう。残念ながら人間の脳は楽しかったこと、嬉しかったことも遠慮なく忘れていきます。記憶は薄れてなくなっていってしまいます。これは非常に残念なこと。しかし写真を趣味としていたら、忘れようとも写真が残してくれるのです。もっと言えばあなたの人生の思い出を写真が残して伝えてくれるのです。

それならば、一刻も早く始めてみて、より多くのあなたの人生を写真に綴ってみてください。

 

 

 

一生続けられる趣味

f:id:mockenbird1010:20171118012147j:plain

スポーツなんかは典型的に、肉体の衰えとともにできなくなっていきますよね?自分が好きだったことが歳を取るとともにできなくなっていくのは悲しいこと。しかし写真はそんなことはありません!すごい高齢なおじいちゃんがごっついカメラを構えて写真を撮っているのをみたことがありませんか?笑 写真は肉体運動も、高度な知能運動も伴いません。要するに別に歳をとっても楽しく写真を撮り続けすことはできるのです!!

 

しかも撮れば撮るだけ上達していきます。間違いないです。経験が圧倒的にものを言います。今でも有名な一流のフォトグラファーには高齢のベテランおじいちゃんたちがたくさんいます!

 

なので始めるなら早ければ早いほどいいです!僕もなんでもっと早く始めなかったんだろうってすごい後悔してます。笑

後悔しないためにも迷ったら早く初めてみるといいと思います!!

 

 

カメラとレンズはずっと使い続けられるもの

f:id:mockenbird1010:20171118010745j:plain

カメラやレンズ、特に言うとレンズですね。これは時代が変わってもずっと使い続けられます。今でも『オールドレンズ』と呼ばれる1950年代などに使われていたレンズが使われていることもあります。むしろそれどころか、その独特な写り方が再評価されて、いわゆるオールドレンズファンが結構いたりします。

なんとこれはびっくりですよね。もちろん基本的には最新のものの方が性能はいいのですが、レンズ一つ一つの違いは人間の性格のようなもので、それぞれ個性があるんですね。今の先端の技術には映し出せない独特な味があるので、それに魅了されてしまう人がたくさんいるわけです!

 

 

カメラ本体だって今ではデジタルが当たり前の世界ですが、好きな人は昔のフィルムカメラを愛用していたりもします。昔のものが見捨てられるのではなく、評価されるのです。なんだか素敵な世界じゃありませんか?笑

 

 

もしかしたら、あなたのお父さんやおじいちゃんが昔使っていたカメラやレンズが家に眠っていたら、今でも全然使えたり、むしろ高価だったりするかもしれませんよ^^

 

 

 

 

 

instagramなど写真を中心としたSNSの流行

f:id:mockenbird1010:20171118010735j:plain

そして三つめの理由は現代の若者を中心とする流行によるものです!

何と言っても世間は「インスタ映え」が重視される時代。おしゃれでキャッチーな画像をアップロードできたものが人気者です。インスタグラムで周りのみんなをあっと言わせるような写真を撮ってみたくはないですか?褒められるのは気分いいものですよ…。笑

 

 

カメラを始めれば、最初はわからないことだらけかもしれませんが、それでもスマホに付いているカメラと性能は段違いです。オートのモードでなんとなく撮るだけでも、同じものを撮っても歴然の差です!ボケてておしゃれな写真が簡単にできちゃいます。

 

 

そしてinstagramでは同じく写真を趣味としてやっているたくさんのユーザーがいるので、そこで友達を作ったり、写真の勉強ができたり、色々な刺激が受けれます。

 

せっかく自分がいい写真を撮ってもそれを見せる場所がなくては残念ですもんね!

 

写真を趣味にしてinstgramをはじめとするSNSを使ってたくさんのあなたの写真をインターネット上にあげてみて是非周りの友達たちをわっと言わせてあげてください^^

 

 

 

 

 

4. 知らなかった世界や新しい趣味への橋渡しとなる

f:id:mockenbird1010:20171118010751j:plain

 

 

 

 

僕が写真を趣味にしてて一番よかったなと思えることはおそらくこれです。

 

写真を撮るにはもちろん被写体が必要です。そしてその被写体や同じテーマなんかを撮っているうちに全く知らなかった世界を垣間見て、さらに興味を持てたり、新しい趣味に繋がっていったりして、兎に角一気に自分の世界が広がります。

 

例えば、僕は色々の国の全く違った人々の生活の様子や、文化、衣装などの写真が大好きなので、写真を撮るために海外へ一人でバックパッカーとして飛び立ったりして、今ではひとり旅も立派な一つの趣味になってしまいました。そしてなんとその海外への興味から、今ではチェコに留学生として在住しているという…人生どうなるかわからないものです。笑

 

ポートレイトが好きな人だったら、モデルをやってくれる人と新しく知り合えたり、更に仲良くなれたりするでしょう。

 

普段自分が歩いている道端でストリートフォトを撮るにしても、何を撮ろうかとそれまでではありえなかったほどに、道端を観察するようになります。「何か面白いものはないかなぁ」って。そうすると今まで毎日漫然と歩いていただけの道が、街が、実は自分の知らないことに満ち溢れていることに気づけます。「こんなところにこんな道があったんだ!」「こんな素敵な場所があったんだ!」様々なことに気づかせてくれます。

 

 

写真という趣味は、人間関係、自分の趣味、いつもみている風景の中の知らなかったこと、ありとあらゆる面で自分の世界を広げてくれると信じています。いつまでも世界に対して新鮮で素晴らしい発見をもたらしてくれる、そんな素敵な趣味なのです。

 

 

 

 

まとめ

f:id:mockenbird1010:20171118012139j:plain

 

 

いかがだったでしょうか?

今回は大学生・これから大学生になる人たちに向けて、「写真」という僕の大好きな趣味の魅力を、説明しました。

 

特に大学生は「何か始めたいけれど、何をしよう…」と思いながら徒らに時間を過ごしてします人が多いです。

特にそんな人たちに「写真」の魅力を知って欲しかったので、今回は小難しい、カメラの話だとか、写真の始め方だとかは無視して、趣味として写真をやることの魅力にフォーカスして説明しました。また次回の記事などで写真の具体的な始めるためのステップなど説明していけたらと思います^^

 

 

 

最後に大学生が一刻も早く写真という趣味を始めるといい理由をまとめると

  1. 大学生という時間を有意義に使うため

  2. 一生をかけて自分の人生を写真に蓄積していけるから

  3. instagramなどの流行に乗れるから

  4. 写真を通じて新たな趣味や知らなかった世界を発見できるから

 

の4つになります。改めて魅力しかない!!

 

 

これを見て、一人でも鬱々とした何か物足りないような感覚に陥っている大学生が、趣味として写真を始めて様々な世界へと足を踏み出していくことを願っています!!

 

 

 

 

 

参考までに 僕のインスタを貼っておきます^^

www.instagram.com

 よかったらフォローお願いします!

 

 

 

 

 

Three

 

写真作品投稿です。

こちらはチェスキークロムロフというチェコにある小さな街に行った時の写真です。

 

 

お城の近くにあったベンチにて女性が各ベンチにちょこんと座って休んでいたのを見て慌ててパシャり。いい絵が取れました。

 

 

f:id:mockenbird1010:20171118045941j:plain

Three, Chesky Krumlov



 

わかりますか?この微妙なおもししろさ。

なぜか偶然にも全てのものが3つずつで構成されているんです!!笑

 

3つのベンチ

3つの窓

3人の人

 

植木も全部で3セットありますね

それぞれの植木のセットが3つずつかと思いきや、一番右は4つありますね、残念。

 

一つ一つの窓の枠が6ますで区切られていますね

これも3×2で3が潜んでると言えるのではないでしょうか

 

 

窓の反射も美しくて良いですが、何と言ってもそれぞれの女性にちゃんと特徴というか個性があって良い。特に一番右の赤いジャケットの方がいい存在感を放っているのではないでしょうか。

 

 

個人的にはちょっとクスッときて、好きだったストリートフォトでしたが、どうでしょう、興味がない人は全く持って何がいいのかわからないと思います…。全然視覚的には美しいと感じないでしょうし…。

 

 

まあ僕はこういう写真も結構好きですよって。

いわゆる典型的なストリートフォトだと思います。

 

なんでもない日常のような景色の中から何かストーリーになりそうなシーンや、面白みがあるシーンを拾ってくる。この何気なくも素敵な一瞬を切り取ることができるからこそ写真は面白いと思っています。

 

単純に視覚的に面白いですし、この何気なさが写真でこそ表せるものだと思っています。絵画とかじゃなんか、なんかもっと仰々しく劇的になっちゃいますしね。

 

 

こんな感じで(比べ物にもならないですが)、面白いストリートフォトを撮り続けた僕の尊敬する写真家に、エリオット・アーウィットという人がいます。彼の作品は本当にウィットに富んだ面白みのあるものばかりで、本当に大好きです。思わずクスッと笑ってしまうというか。

思わずくすっと笑うユーモア写真/エリオット・アーウィット - NAVER まとめ

まとめにあったので引用しておきます。面白い写真ばかりで楽しいので、よければ見て見てください。

 

 

では最後に彼の言葉を紹介します。たくさんいい名言が残っています

 

私にとって写真とは観察の芸術だ。ありふれた場所で何かおもしろいものを発見することだ。自分が「何を」見ているかというのはあまり関係ない。それを「どのように」見ているか、がすべてである 

 

だそうですかっこいいですね〜。

 

 

もう一つ、最近引きこもりがちな自分に向けて

 

家でのんびり座っていても何も起きない。私はいつもカメラを持ち歩くことにしている。おもしろそうなことが起きたらそのときにさっと撮るだけだ。 

 

はい。反省します。明日から気を改めてカメラ引っさげて街へフラフラ出ようと思います。

ではまた!

 

 

超初心者がアフィリエイト夢見て無料ブログを初めて1週間経った

f:id:mockenbird1010:20171115210812j:plain

 

 

 

 

まず早速嘘を着きました。

「初めて」というよりも「再開して」ですね!

以前ブログ書いていたんですよ。自分の旅記を。

 

それをもっとちゃんと書こうと再開してみました

ということです^^

 

まぁ、

日記として使ってただけみたいなものだったので実質「始めた」でしょう!笑

 

 

三日坊主がどこまで続くかはわからないですが、頑張れる限りは頑張ろうと思っています。実質ほぼ初心者が1週間目にやったことなど、実際の僕の体験談を備忘録も兼ねてご紹介します。

 

これからブログを始めようとか、アフィリエイト興味あるけど手を出せていない、時間があって暇な方、是非一緒にやってみませんか?リアルタイムで僕も超絶初心者なので一緒に始める人なんかいればかなり心強いしやる気がですのです!

 

 

なぜブログを再開したのか?

 

まず何より 、こんなこと言うのもなんなのですが…

暇なん時間があるのです!!!!!

実は僕ただいま留学中でして、留学って一旦生活に落ち着けば、かなり熱意を持って勉学に取り組まない限り、割と自分の時間が取れるんですね。決して怠慢で授業を全然とってないわけじゃないよ。そんなわけないからね。

 詳しくはこちら↓

lifeofpondelion.hatenablog.com

 

 

まあこれが一つ。

そしてもう一つは昔からちょっと興味があったんですよね!アフィリエイトに!

手を出すのが遅くなり過ぎた気もしますが、まあ遅かったとしても新しい世界をちょっと知れるわけだからそれはそれでいいとします^^

 

そんな感じで、ゆる〜くやって行きます!

 

 

 

目標

とりあえず、ただの日記じゃなくて(まあ旅記書いてる時はほぼ日記スタイルなのですが、これは昔僕が読んだブログがこういうスタイルでとても好きだったからってのに影響されてるので問題なし!)、記事を書こう!としているのでPVを気にしましょう。

 

まあとりあえず目標を立てることは大事みたいなので

月間10000PVを目指します!!

 

無茶とか言わない〜頑張るから〜

だって一万ってすごくない?一万人が自分の書いたものを読んでるんですよ?

ってなわけで譲りません。。

 

ちなみに現在1週間やって約300PVでしたね。うーん。先は果てしなく長い。

あんまり現時点ではPV気にしに方がいいのかもしれませんね。

何たって悲しくなるから笑

 

 

もう一つ。

毎日更新。

これは地味にかなりきついと思われるが頑張る。

特に僕は何をやっても続かない飽き性なので。。

留学始まってから日記つけてたんだけど、それの代わりと考えればいける!…気がする

継続は力なりってね、多くの先人たちが語っています。というかプロブロガーの方々がね。(影響されやすい)

 

 

 

はてなブログにした理由

 

これも僕がいうまでもなく色々なサイトやらブログやらで議論されています

アフィリエイトするならWordPress一択だ!」やら「はてなブログのメリット」やら、いくらでも出てきます。稼げてそうな人はWordPressはてなPro(有料版)でやってるみたいですね!

 

僕がはてなにした理由は、そもそももともとのアカウントがあったからです。

昔つかってたアカウントにそのまま書き続けてます(もしかしたらあんまり良くないのかも…)

でもまあいくら無料とはいえ、また新しく登録し直すのも面倒くさいですしね!きっと大丈夫!

 

 

こちらの方のブログが、はてなブログをやるにあたって参考にさせていただきました。

今から始める方がいましたら、ブログを作り出す前に読むことをオススメします

niche.hateblo.jp

 

 

 

アフィリエイトサイトに多少登録

 

なんかこれははてなブログ独自ドメインを持たなくてもできそうだったので、とりあえずアカウントだけは作ってみました。作るだけなら簡単でしたしね。

まあ新しい世界の片鱗をのぞいた第一歩ですからね!記事を書いてるだけじゃあ昔とあんまり変わらないし、我慢できなかった。笑

 

大手といろんなブログで紹介されているサイトに登録。

 

 

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラムに参加しよう!

 

とりあえず登録しただけ笑

練習としていくつかの記事に貼ってはみたのでバナーのはりかたも理解はした。

まあ売れる以前にアクセスもないので意味はないけど、モチベーション維持って大事。

 

 

 

デザインのカスタマイズ

 

デザインのテーマを、好きなのを探してきました。できるだけシンプル目なのを選びました。自分の写真がちゃんと目立つように。

はてなブログの設定で「デザイン」→「デザインテーマ」 →「テーマストアで探す」の順であとは好きなのを選ぶだけです。もちろん全部無料!そして現在そのテーマをしようている人のブログを例として見せてくれているので非常に参考になります^^

 

SOHO - テーマ ストア

僕が使わせていただいているのはこちら。シンプルで白貴重なデザインが気に入ってます。

 

 

テーマストア見るとこんなに多くの人たちが無料(これも広告収入とかあるのかもしれないけど)で自分でかいたテーマを提供していると考えるとびっくりしますね……

 

 

 

他にもちょっとだけ、SNSボタンをかっこよくしようと、いじったりしましたが、なんかできているのかできていないのかよくわからず、断念。笑

そのうちちゃんとやりますともはい。

 

 

 

検索ツールの活用

 

ここでめっちゃ難しそうなのがきました。はい。SEO対策と言われるやつです。

ここにきて突然の専門用語でびっくりしますね。なんじゃそりゃ!!!

でも慌てずに。これが大事だといろんな人たちが言っています。つまりこれがなんなのか、なぜ大事なのか、どうやって役立つのか、そういうことを解説している記事もたくさんあるということです!

 

検索ツールとしてまずこの二つを導入してみました。

まだ使いこなせていませんが、なんとなくやりたいことと、それをやる手順はわかりました。

Keyword Research & Strategy with Keyword Planner - Google AdWords

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

 

要するに、一般の人が何か情報を求めてgoogleなどの検索エンジンをつかって

「旅行 オススメ」

とか調べるときのこの「旅行」と「オススメ」というワードがキーワードになります。そのキーワードが一ヶ月に世界中でに何回検索されたか、という数が検索ボリュームと呼ばれ、その過去の検索ボリュームの数的になんというキーワードが需要があり、なんというキーワードと結びついて検索されることが多いのか、それを調べて自分の記事に(特にタイトルや見出しに)盛り込むことで、インターネットでの検索に強くなろうとしているのです。

極端に言えば「旅行 オススメ」って調べられたときの検索結果として、一番上に出てきたらそれだけ読まれやすいですよね?ということです!

 

 

 

junichi-manga.com

こちらのブログがかなりわかりやすく解説してくれています。

かなりオススメ。ブログ全体的に面白いし初心者に対して丁寧に教えてくれる。

 

 

 

にほんブログ村の登録

 

これは登録した後にあんまり効果ないよ〜って記事を何個か見つけちゃってちょっとショックなんですけどね!ま一人でも二人でもこれのおかげで記事を読んでくれたら御の字です。

横に貼ってあるバナーのことです!要するにブログランキングサイトのこと。よかったらポチって押してやってください笑

 

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村

 

ブログやアフィリエイトのなんたるかをゼロから学ぶ

 

 順番がごっちゃになっているかもしれませんが、まあこれが大事でした。

何と言っても興味を持つことができますからね。

 

アフィリエイトとか思っていたよりも奥が深く、地味で、大変で、しかし誰でも稼げるチャンスはあるものなんだなあ、という感想を持てました。かなりの努力と継続が必要みたいですが。

 

 

blog.hanauta18.com

 

affiriate-manual.com

 

www.mutant-tetsu.com

 

 

もっと天才的な人とか、一部のすごい人たちが稼げてしまう、ちょっと一般人には立ち入れない世界だって印象がありましたが、全然思っていたのと違いました。う〜〜ん、成功はできるかわからないけど、この時点ですでに自分の全く知らなかった世界をのぞいている感がすごい笑

 

いつもネットやアプリをつかっていた際のあの広告とかにこんなストーリーが隠されていたなんて…世の中知らないことばっかりです。知らないと損をすることもいっぱいです。(逆も然りだと自分は思っているけれど)

 

 

 

今後の目標や手順

 

今考えているのは

1、一日のPVを毎日100まで持っていく(月間3000PV)

2、はてなProにする(独自ドメイン取得)

3、AdSenseに登録!

4、GoogleAnalytics導入

 

っていう流れでやって行きたいなーとか思います。

 

ブログの作り方や手順に関して、みなさんいろ〜〜〜〜んな記事を書いてるのですが、そんなにいっぺんにコムズカシイ言葉を並べられてもわかりません!!パンクします!!!!

 

これはきっと僕がバカだからじゃない。みんなそうだと信じている…。

 

 

 

まとめ(というか感想)

 

まぁ、1週間じゃこんなもんだよなあって感じ。

いろんなブログでみんな言っている。

大事なのは継続だって!てことでとりあえず継続していきましょう。

 

 

いろんなブログ読んだり調べたり自分で書いてみた感想としては、

 

  1. 全く知らなかったアフィリエイトという世界を知れた。
  2. いろんな人がブログ書いていて、基本的には同じ内容なんだけれどその人の人柄が出ていて面白い。
  3. 自分が何気なくつかっていたインターネットでどっかの誰かがそんな風にして(もちろん努力の賜物だが)稼いでいたのを知って羨ましい。笑

 

みたいな感じですね。うん、とりあえず面白いことは間違いない。

ブログ書く能力は必要になってくるけど、とりあえずまずは続けることから。

なので壊滅的な文章でも読んでくれたら嬉しいです。きっと成長物語が見れるようになると思います。そう願う…。

 

 

 

 

あ、忘れてた!直近の目標!!

はてなブックマーク稼いではてブの新着欄に載ること!!!!

はてなブックマーク - 人気エントリー

ここに!!!載りたいんです!!!!!!!

 

 

そんなわけでよかったらはてなブックマークのご協力お願いします!!

(下にある青いブックマークボタンを押して追加するだけ)

 それでは!

 

【ひとり旅】ハンガリー・ブダペストのおすすめ温泉はキラーイで決まり!

キーワード

ブダペスト、温泉、キラーイ、水着、混浴、おすすめ

 

 

さて、スタートが遅かったとはいえ、120点満点だったエチェリ市場をあとにして、ご飯を食べて、市内を軽く散歩。

 

教会の前の中心の通りは綺麗だった。というか客引きの女の子たちがマジで可愛かった。

f:id:mockenbird1010:20171114074312j:plain

 

 

一度宿に戻って軽く休み、準備をして向かった先は…そう、温泉!!!!

 

 

実は知らない人も多いかもしれないが、ハンガリーは温泉が国内に多数湧いている温泉大国なのだ!日本との意外な共通点発見だね。

 

 

 

ハンガリーは温泉大国

 

何とも意外な事実。多くの日本人にとって中央ヨーロッパの国々はあまりイメージが湧きづらいかと思う。ぜひこの機会に温泉大国日本の人間としてハンガリーの温泉に興味を持ってくれたらいいなと願ってます^^

 

まずは地図で見てみると…

f:id:mockenbird1010:20171114063726p:plain

 

何とブダペストの市内中心部だけでも5個も温泉がある!すごい!確かにこれは温泉大国といえそう。

 

セーチェーニ温泉

f:id:mockenbird1010:20171114070512j:plain

これがおそらく一番有名で一番大きい温泉ですね。英雄広場の奥の市民公園の中にでかでかと立っています。地元の人がチェスをしている光景を見れることで有名です。温泉というか大きいプールを想像してもらったほうがイメージつきやすいですね。

 

ルカーチ温泉

f:id:mockenbird1010:20171114071017j:plain

療養温泉として使われることも多いそうで、地元の人が多いのが特徴。土曜日の夜は朝まで温泉で若者たちのパーティが行われるのだとか。興味ある〜笑

 

キラーイ温泉

f:id:mockenbird1010:20171114070508j:plain

こちらはかなり古く、16世紀にオスマントルコが作った温泉施設だと言われています。トルコ風呂ですね。テルマエロマエですよ、テルマエロマエ。興味湧きません?笑

 

ルダシュ温泉

f:id:mockenbird1010:20171114070517j:plain

この温泉も同じく16世紀に作られたトルコ風呂だそうです

 

ゲッレールト温泉

f:id:mockenbird1010:20171114071442j:plain

ゲットールトの丘という景色の良い丘の麓にあるホテルについた温泉。日帰り入浴も可能。アールヌーヴォーの建築が有名!しかし水温が結構低めらしい…。

 

 

これ以外にもいっぱいありそうです!

 

 

 

水着で混浴!?日本とは全く違う温泉文化

 

海外で温泉に入ったことない人は本当に不思議に感じるとは思いますが、

海外での温泉は水着で混浴が普通なのです。プールに近い感覚なのかな?

 

なので行く予定のある人は水着を持って行ってください!タオルも!!

(有料で借りられるところもあるみたいです。多分高いのであんまりおすすめはしない)

 

 

そして僕がびっくりしたのは、というかまぁそうなるよなって予想はできますが、

欧米人カップルが温泉のなかでめちゃいちゃついています…笑

お前らこんなとこまでそんなにいちゃつかなくてもってなっちゃいますよ!日本人はシャイだから!目のやり場に困る!!!

 

これぞ異文化体験って感じですね。

 

 

あとは水温がかなり低めです。

水温ごとにお湯が別れているのですが、基本はみんな36度くらいのお湯に使っています。使ってみると温水プールくらいの感じです。これはちょっと温泉じゃない!!!気持ちいいけどなんか違うんだ!って、なりました笑

 

 そして最後にこれ書くといやだって思う人続出しそうですが、書きます…!

おっちゃんたちがお湯の中に頭までつかって潜ったりしていたのがめっちゃ気になりました。お前それはアウト!ねえそれはやめて!!ってちいさな日本人は一人心の中で叫んでおりましたとさ。笑

うん。ここは日本の温泉ではない!そういうこともある!

 

 

他にもすでに上に書きましたが、温泉をつかったパーティをしたりもするみたいで、、温泉でお酒も飲んだりということもあるそうです。めっちゃ気になる、行ってみたい!!けどそれ温泉でやるのか…!!という葛藤。

 

 

 

 

キラーイ温泉がおすすめ

 

何と言っても歴史あるトルコ風呂。ここに決まりですよ。

交通アクセスも良く、 しかも比較的高めの40度のお湯にも入れます。

 

f:id:mockenbird1010:20171114074317j:plain

簡単に宿で調べてみて、すぐここに決めました。テルマエロマエの世界観に浸りながら風呂に入りたい!

 

 

時間:夜21時まで

値段:大人2400Ft(1000円くらい)、学生1700Ft(700円)

 

お湯は、26度(水風呂)、32度、36度(一番大きくて中心)、40度の4種類

サウナがドライサウナに温度が2種類とミストサウナ(?)がありました。

温度は全体的に表示よりも少し低いような気がしました

なので基本的にサウナで体をあっためて、お湯でポカポカのんびりしているスタイルをとりました!

 

水温が低めなこともあってかなり長い時間中に滞在していることができ、のんびりくつろげると思います。

 

 

そして何と言っても、やっぱり見所は建物自体ですね。丸いドーム状の屋根に立派な柱。年季の入った壁をみて、かつてオスマントルコの人々が入っていたのと、同じ場所で今自分は温泉につかっている、と考えると何だか感慨深いものです。時代を超えて、人種も超えて、温泉は人に安らぎを与えてくれる…

 

何が言いたいかというと、

温泉最高!!!!

一ヶ月以上ぶりのお風呂をありがとうブダペスト!!!

 

 

ヨーロッパに仕事や留学で長期住んでいる人も、日本のお風呂が恋しくなったら是非週末にでもハンガリーを訪れてみてください!日本と全く同じもの、というわけにはもちろんいきませんが、素敵な温泉があなたを待っていますよ!

 

ついでにハンガリーはヨーロッパの中では物価も安いので旅行にはぴったりだと思います^^

 

 

 

昔のブログとかを読む限りゲイの溜まり場だったこともあるらしいですが…

全くそんな雰囲気はありませんでした!笑 よかった!!心から!!

 

 

 

 

温泉でさっぱりしたあとの夜景が最高

 

そして夜21時の閉店ギリギリまで粘って清掃の人に睨まれながら出てきたら、ブタペストの綺麗な夜景を、温泉でポカポカと温まった身体で眺めながら散歩できます。

もう最高しか言葉が出てきませんでした。それにしてもこの街の夜景は改めて美しい

 

f:id:mockenbird1010:20171112035002j:plain

 

 

常闇にらんらんと輝く黄色い光たちと冷たい夜の空気が火照った体を気持ちよく冷やしてくれます。

 

(牛乳でも買っておけばよかったという唯一の後悔。)

 

 

 

まとめ

 

 実は温泉大国という顔を持つハンガリーブダペスト市内の好立地にも数多くの温泉施設があり、それぞれが違った特徴を持っているため、温泉巡りがとっても楽しそう!

僕自身まだまだ巡ってみたいがためにブダペストに行く気満々。

 

 

特に長旅の間は知らぬ間に体に疲労が溜まっているもの。

ハンガリーの温泉で異文化体験をしながら疲れを癒して行ってはいかがでしょうか^^

 

ヨーロッパ生活でお風呂が恋しくなった人にも是非おすすめです。

 

 

 

そして僕の一押しのキラーイ温泉にも行ってみて、歴史的なトルコ風呂で、建築もお風呂も堪能して見てください!

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よければポチッと押してやってください。励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村

 

 

ハンガリーの観光情報はこちら

【ひとり旅】ハンガリー・ブタペスト エチェリマーケット(蚤の市)でアンティーク漁りがおすすめ!

 

こんにちは!ブタペスト到着二日目です!

二日目なんですけど、早速ご報告です!

 

盛大に寝坊しました!!!!!

 

起きたら既に11時くらい。辛い。

いつものことながら凹むぜ…

(だって昨日の深夜1時くらいになんかインド人たちが起き出して電気つけるわ普通に会話するわですぐ寝れなかったんだもん!!)

 

 

めげずにとりあえず出発。

 

本日の目当てはエチェリ市場という名の古物蚤の市があるそうなのでそこへ行く

どんな感じかよくわかっていないけど基本的にマーケット、特にストリートマーケットに行けば何か面白いことがあると経験則から信じている…!

 

昨日痛い目みたけど…!!

 

lifeofpondelion.hatenablog.com

 

 

 

 

エチェリ市場基本情報

 

昨日と同じく可愛いトラムで楽しく移動しようかなと。

なんたってエチェリ市場割と市内中心部から遠い!!

 

f:id:mockenbird1010:20171113023712p:plain

この辺にあります。

英雄広場からトラムやメトロを乗り継いで約50分くらいかかります。

 

 

営業:

毎日(平日も含めて)

 土曜日6:00~15:00

 その他9:00~15:00

ということですが、実際は平日に行くと出店しているお店も少なく、週末の準備のためか物も少ないそうです。土日の早朝がやはり活気があるそうなので、僕は土曜日に行きました。15時までとはなっていますが、片付けのために結構なお店が14時くらいにはいなくなったりするので注意!

 

アクセス:

Naszód utca (Használtcikk piac)というバス停の目の前で、54、55番のバスが通っています。

場所はかなり郊外っぽい雰囲気で観光地からは離れていてわかりづらいので注意して降りてください。バスの中の地元の人か運転手にここに行きたいと伝えて行くと安心かもしれません。

 

東駅からであれば

Keleti pályaudvar Mという駅から24番のトラムに乗って途中で乗り変えて行けます。

 

 

商品:

アンティーク品が様々です!

コーヒーカップ、カメラ、ミル、メタル製品、陶器、置物、本など、種類は様々ですが、見るからに古く時代を感じるものがたくさん置いてあります。多少の目利きができるのであれば、自分だけの素敵な掘り出し物が見つかりそうです!

あとはカロチャ刺繍の製品も買えます。多分市内の観光地よりも安いのでおすすめ!ただ汚れているものもあった(値引きされていた)ので確認したほうがいいです!

 

 

その他:

・一応値下げ交渉も応じてくれます。ただ基本的にはそんなにないと思ったほうがいいです。3割くらいが目安かなあ。僕は複数購入でちょっとおまけしてもらえました!

 ・現地の商品を売っている方は基本的に英語が喋れないようでした。少しだけ喋れる人が数人いたかなあ…ってくらいです。基本的に観光地ではないようなので、地元の人に敬意を払ってお邪魔させてもらいましょう!みんなとっても優しくて素敵な人ばかりでした。

・ちょっとしたファーストフード店やトイレ(有料、割と綺麗)もちゃんとあります。

 

 

 

バスとトラムで移動

 

さて、寝坊のせいで時間もあまりないわけでありまして、早速急いで宿を出てトラムで行こうと思った…が。

 

(そういえばトラムのチケット持っていないや…)

 

え、どこで買えるんだろう!やばい!

とりあえずバス停の目の前にあった小さなショップに入ってお兄ちゃんにここで買えるかたづねてみた。

 

しかし英語が喋れないみたいで困惑したお兄ちゃんはさっきまでパズルゲームみたいので遊んでいた自分のスマホを取り出した

Google翻訳か、助かる!!)

 

なぜかお兄ちゃんはまずアプリをダウンロード。

(え、待って?Google使えばよくない?)

 

しかし頼んでいる身分としてはなんともいえず、ただお兄ちゃんを見つめながらダウンロードを待つ。

 

・・・・・・。長いわ!!!こっちは急いでんねん!寝坊のせいで!!

 

そしてようやくダウンロードが完了したアプリを使い自分の言葉を音声で言うが、うまくスマホに聞き取ってもらえない模様。そしてこちらに渡してきた。こっちに言えってことか。でもハンガリー語でのJapaneseが見つからず、この作戦も失敗。英語で吹き込むも聞き取ってくれない。ずっと頑張って試しているのはありがたいのだが、無理そうなので切り上げて、宿に戻って聞くことに。ありがとう優しいお兄ちゃん!役には立たなかったけど!ごめんな!!

 

宿のレセプションでも他に客がいて待たされ、聞くところによると1wayチケットのみバス停の目の前の野菜屋で買えると言う。

 

さっきのとこやん!!受付の人にハンガリー語で買いたい旨をメモで買いてもらって再度ショップへ。しかしないと言う暇そうなお兄ちゃん。

 

完全にこれは話し合っているより大きい駅に行ったほうが早いな、と思い

歩いて東駅まで行くことに。。そこで明日のぶんも含めて24時間乗り放題券を2枚購入。

 

 

やっと出発だ。。長かった。。。

 

f:id:mockenbird1010:20171113232607j:plain

歩いてる時見つけた電話ボックス。赤と青が可愛い

 



 

f:id:mockenbird1010:20171113232612j:plain

いい天気の中佇む



f:id:mockenbird1010:20171113232618j:plain

カラスがめちゃくちゃゴミ漁ってた。これは世界共通か…



f:id:mockenbird1010:20171113232623j:plain

街中に自転車多いだけ立って専用信号!可愛い



トラムとバスを乗り換えて征く。

f:id:mockenbird1010:20171113232628j:plain

 

 

ざ・郊外!って感じの中、道路の途中で降りる。本当にここか…??

 

 

 

あった!!!!!

歩道橋があってその向こう側にありました!!

テンション!上がる!!

f:id:mockenbird1010:20171113232633j:plain

 

 

人はもうかなり少なくなっていて、撤退した後なんだろうなあと

片付けしてる人もいるし、、現在二時前。やれやれ。。三時までちゃんと営業して欲しいぜ。

 

f:id:mockenbird1010:20171113232637j:plain

うおおおおおおおおおお

タイプライターってやつ!?すげええええ

 

 

中の様子

f:id:mockenbird1010:20171113232641j:plain

 

 

カメラめちゃんこあった!これは予想だにしていなかった。

というかカメラもアンティークって発想がなかった!

こう見えて実はオールドレンズ(昔の、主にフィルムカメラに使われていたレンズ)大好きなんですよ。。。。ニヤニヤしながら物色。店のおっちゃんは最初ちょっと「こいつやばいやつだ…」とでも思ったのか引き気味に様子を伺ってたが、こちらが通常だとわかったのかすぐに話しかけてきた(当たり前だ。)

 

f:id:mockenbird1010:20171113232646j:plain

 

こちらがおっちゃんの激推しのライカ

確かにレンズの状態かなりよかった。カメラもシャッター切れるし速度もちゃんとしてそう。沈胴レンズがかっこよすぎる…欲しい…

f:id:mockenbird1010:20171113232658j:plain

 

 

………

時間ない中リアルに買うか10分くらい悩んでましら!笑

まあなんのレンズか調べてなかったし、お値段はこれで40ユーロって言ってました。

いやあ、欲しすぎた。カメラ付きにもおすすめなエチェリ市場である…

 

他にもツァイス、ロシアン各種、色々揃っていてみてるだけで楽しかった。

おっちゃんが、カメラ持って「ライカ!ライカ!グッド!パーフェクト!」って頑張って状態確認しながら教えてくれるのがめっちゃ可愛かった

 

 

 

 

もちろん陶器も素敵なのがいっぱい。

f:id:mockenbird1010:20171113232703j:plain

 

 

お客さん減ったからって寝てる店のおっちゃん。気持ちよさそーだなあ

f:id:mockenbird1010:20171113232708j:plain

 

 

ミル!ミル発見!!カメラに続き僕の琴線に触れた商品

可愛すぎるう。2000円くらいしたから、やめておいたけど全然買ってもいいくらい可愛かった。おばちゃんが「私が綺麗にしたんだよ!」ってやたら主張してきた。

f:id:mockenbird1010:20171113232712j:plain

 

 

あーけどっぽくなっている通りもある。

みなさんお片付け中

f:id:mockenbird1010:20171113232717j:plain

 

 

コーヒカップを探してたんだけど、至高のものは見つからなかった…残念。

朝から来てたら出会えてたかもなあ

f:id:mockenbird1010:20171113232722j:plain

 

 

 

再び他のカメラ屋さん発見!

 

f:id:mockenbird1010:20171113232727j:plain

 

ここのお店のおっちゃんは英語すこ〜〜しだけ喋れて、持ってるカメラのこと色々教えてくれた!一個一個説明してくれて触らしてくれた。勉強になったあ、というか楽しかった。

 

f:id:mockenbird1010:20171113235620j:plain

ピードカメラが滅多よかった。重かったけど。奥のやつ。

f:id:mockenbird1010:20171113235612j:plain

これも写りめっちゃいい色味で素敵すぎたあ

 

 

仲良くなったけど自分の写真撮影はダメだった。笑

f:id:mockenbird1010:20171113232654j:plain

 

昔趣味で撮ってたらしいから、今はやってないの?と聞くと今は自分のスマホで撮ってるらしい!ミクロ撮影で虫の部位を撮ってたり、景色を撮ってたり、写真を色々見せてくれた。カメラは使わないのか?って聞いたら、スマホは軽くて何処へでも持ってけるから完璧なんだ。とのこと。う〜ん、やっぱり今と違って昔のカメラはめちゃくちゃでかいし重いもんな。それに慣れてた人からすれば、スマホは革命的だよねやっぱり、、、

 

こういうのですね。軽くて精度も高く僕も初めて使ったとき感動した覚えがあります!

 

 

 

「また明日来いよ!」って別れたけど、行かなかった。

すまんおっちゃん!また今度ブダペスト行くときに!

 

 

 

カロチャ刺繍もあったのでここで購入。

f:id:mockenbird1010:20171113232732j:plain

コースター2まいとテーブルクロスの超小さいので800円くらいまで負けてくれた!ありがとう!

 

 

お客さんまだいたあ!交渉中…

f:id:mockenbird1010:20171113232737j:plain

 

 

他にもミルがたくさんあったり。

f:id:mockenbird1010:20171113232741j:plain

 

 

こういう可愛い小物もいっぱいあって本当飽きない。センスのよさ…

f:id:mockenbird1010:20171113235627j:plain

 

 

古い時計!こういうの好きな人本当好きそうだなあ

f:id:mockenbird1010:20171113235635j:plain

 

 

ヘンテコな像たち。いくらするのかきになるけどお店は閉まってた。

f:id:mockenbird1010:20171113235641j:plain

 

 

カートを押してたくさんお買い物したのかなあ

f:id:mockenbird1010:20171113235646j:plain



謎の鎧が最後にお見送りしてくれた。笑

地味にお気に入り

f:id:mockenbird1010:20171113232746j:plain

 

 

結局購入したのはカロチャだけ、

レンズ、ミル、コーヒーカップ、絵本 あたりが欲しかったなあ。残念!

 

全ては寝坊したせい笑

 

 

結局行かなかったけど、本気で翌日も行くか迷いました。

それくらいよかった。

 

 

 

 

まとめ 

 

エチェリ市場…控えめに言って最高すぎました!!

寝坊した自分を呪っています^^

 

 

おすすめポイント

・様々なアンティークをみてるだけで楽しい!

・掘り出し物見つかるかも!(要目利き)

 ・人がかなり優しい!

・あんまり観光地観光地していない!

 

 

いや本当に、マーケット好きな人はぜひ市内中心からいっぽ足を伸ばして行ってみてほしいです。僕は絶対また行きます。コーヒーカップと掘り出しレンズを求めて笑

 

相場的にもあんまり高い感じはしなかったのでアンティーク付きの人はもちろん、カメラ、特にオールドレンズ好きな人は行く価値ありだと思います

 

 

 

それでは、今回はここまで。

ブダペストの外れにあるエチェリマーケットの紹介でした!

ブタペストへ行こうと考えている方のお役に立てれば幸いです

 

 

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございます!

↓記事がよければポチッとご協力お願いします^^

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村

chatting

 

写真作品の投稿です。

 

以前ハンガリーでエチェリマーケットというアンティーク市場に行ったときに撮影したものです。はじめに行っておきたいのが僕は異国のマーケットが好き。

 

f:id:mockenbird1010:20171114003014j:plain

chatting time, Budapest



まぁ何と言っても光の入り方が、水平な直線を綺麗に入れてくれているのと、二人のおばちゃんの様子をフォーカスしてくれているようで素敵じゃないですか?映画の1シーンになりそう。

 

この写真を撮った時は、そのマーケットはほとんど終わりの時間が近く、半分以上のお店が片付けていた。その中で座って休憩がてら、おしゃべりをしている様子のお店のおばちゃん2人。

 

僕がマーケット好きなのはそこに住む人たちの何気ない生活の一部が垣間見えるから、っていうのが大きな理由。この写真はまさにそれを表している。土曜日でかなりの来客もあったであろう、早朝からせわしなく準備をし、お客さんの相手をして、人が減り、片付けをして、内輪同士で今日の客の話や世間話なんかをする。

 

そこに差し込む西日が1日の仕事を労うかのように、二人を優しく照らしている。

 

何かを伝えようとするおばちゃんと、足を組み頬杖をついてそれを聴くおばちゃん。

彼女らの会話が聞こえてくるような気がする。

 

 

僕は異国のマーケットが好きだ。

 

 

 

 

 

写真に関して意見・感想・アドバイスなど、

何か思うことがありましたら何でも是非コメントお待ちしています^^

 

 

【一人旅】ハンガリー・ブタペスト観光!初日からやらかして踏んだり蹴ったり。

 

 

先週末弾丸ブタペストに行ってきました

 

この街に関して僕が事前に知っていたことといえば、かつての神聖ローマ帝国の中の大都市であったこと。ハンガリーの首都であること。…以上!さあ出発!!

 

 

別にあんまり知らなくたって行きたかったら行けるんだ!木曜日の夜行バスで出発して日曜日の夜行バスで帰る予定。

 

夜行バスっていいよね。真っ暗な中ぞろぞろと人が集まってきて、バスの中にみんなでぎゅうぎゅうに詰め込まれ、このバスの乗客はみんなそれぞれ違った目的でどこかへ行くんだなぁ、とか想像しながら、その過程にある一晩を共にする。別に喋るわけでもなく、静かな暗闇の中を同じバスに揺られているだけ。朝が来れば全く知らない場所へ、全く知らない土地へと連れて行かれていて、まるで魔法の乗り物。そして乗客はみんなそれぞれの目的へ向かって去っていく。

 

人が夜行バスの話をしていたりすると、無性に自分も夜行バスに揺られてどこか遠く知らない土地へ行きたい衝動に狩られる。というか今回も完全にそれ。友達となぜか夜行バスの話になって、ふと猛烈にどこかに行きたくなったのだ。

 

まぁ、別にそれがなくてもどっか行きはしただろうけどね。

 

 

 

 

 

 

ブタペスト到着

大好きな夜行バスでプラハフローレンツというバス停から揺られること7時間ほど。朝6時に起きるとブタペストのバス停に到着!やった!ついた!

 

朝といっても周囲は真っ暗。本当に。サマータイム終わったヨーロッパは本当に気が滅入るほど日のある時間が短いなあ…これは鬱にもなるわ…

 

ちなみにバスの中では、周りの人がみんなゴホゴホしていたので空気的にはかなり悪かった…。でもまあ偶然隣の席に人来なかったのでラッキー!夜行バスはマスク持って行くとオススメですよやっぱり!(忘れた)

 

ちなみに今回、プラハからブタペストへの移動に使ったバス会社はこちら。

Flix Bus

ドイツのバス会社でかなりの本数をドイツ付近の国を中心に運行しています。

何が良いって安いこと

 いわゆる格安バスってやつですね

ちなみに今回僕はPraha→Budapestniの夜行便で約500コルナでした。だいたい2500円。日本に比べればかなり安いですね〜。夜行便の方が昼便よりちょっと値段高かったです。まあ宿泊費一泊分浮くからいいかなあと。

 

予約方法は簡単で、ネットで予約してクレジット支払いでOKです。メールで送られてきたEチケットのQRコードを当日バスで見せるだけ。基本的には印刷も必要ないと思います。(僕はいらなかった)

座席は指定ではないので、早めにバス停にいて並んでいた方が良いですね。

いい席取られちゃったりします。

 

 

バス停でトイレに行きたくなったが、ここは既にハンガリー。通貨はチェココルナでもなく、ユーロでもなく、フォリント(Ft)という通貨になります。

100Ft=¥42くらい(2018年11月時点)

 

なんか知らないけれど異常に覚えづらかったです…

 

急いでATMでお金を引き出すものの、かなり大きい札一枚で出てきてしまった。仕方ないので近くの売店でこれらを崩すために水でも買おうと思ったのですが、

 

なんとお金が大きいといって受け取ってくれない

 

お前そんなバカな。露天の個人マーケットじゃあるまいし。立派なレジも持ってるくせに…くそう…渋々引き下がる。

 

 

近くにベーカリーがあったので作戦変更。

「ベーカリーで商品を指差して袋に入れてもらってからお金を払う戦法」

もう袋に入れちゃった後なのでお金が大きかろうと元に戻す方がめんどくさいため仕方なしといった顔で受け取ってくれました。

はっはっは、作戦勝ち。こういう無駄な悪知恵は働く方なんだ舐めんな!!

 

 

そうして、チケットを買ってメトロでまずは英雄広場の側の宿を目指すことに。

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112020744j:plain

メトロの駅から外へ出ると

 

f:id:mockenbird1010:20171112020836j:plain

有名な英雄広場

 

いやあ…いい天気です。ラッキーラッキー

f:id:mockenbird1010:20171112020851j:plain

 

 

陽気なお兄ちゃん達をパシャり

f:id:mockenbird1010:20171112020906j:plain



 

f:id:mockenbird1010:20171112021027j:plain

個人的に好きな馬に上から見下ろされる図

 

 

 

宿に到着

 

今回ブタペストでお世話になる宿は

バロックホステル

になります!

 

ドミトリーの部屋には、かなり広いスペースがあり、ある程度綺麗だし、スタッフも英語ちゃんと喋れるし親切だし、 文句なしの宿でした!ただ深夜にインド人がうるさかった…寝れないわばか…

でも2泊で14ユーロほどだったので結構コスパはいいかも。

 


f:id:mockenbird1010:20171112041247j:image

レセプションはこんな感じ。

 

 

あ、あとここはカード支払いNGだったのでご注意を。

 

さて、8時ごろに宿について共用スペースのソファにいたのですが…

 

 な ん と 爆 睡 。

 

だってさ、周りまだ寝てるし。部屋いい感じに暗いしさ、でっかいソファあるしさ…

 

まさか夜行バスの疲労で次の午前中を爆睡する日が来ようとは…

歳をとるってこういうことか…まだハタチなのに…悲しい…

 

目を覚ましたら、11時くらいでした…悲しいにもほどがあるぜ。

でも落ち込んでもいられないから出発や!必要な休憩だったの!きっと!

 

 

 

ブタペスト中央市場へ

 

お腹も空いたことだし、だいたい知らない国にきたら市場へ行けばいいと思っているので、軽く調べてブタペスト中央市場という場所へ行くことに。

なんかブタペストで一番でかい市場らしい。まあ「中央」ってつくくらいだしな。

 

 

トラムを乗り継いで行くが…

 

ブタペスト街が思ったよりでかい!広い!!

 

これは予想外。なんかプラハと同じかもっと小さいくらいのイメージがあったので衝撃を受けました。軽くここは歩いて行くかあ…って歩き始めて痛い目見ました。

 

街並みは結構整備されていて綺麗な感じ。

 

 f:id:mockenbird1010:20171112021149j:plain

 

別に大きすぎるってほどのサイズでもないんだけどね…全部歩き回るにはちょっと大きすぎるなあって感じ。トラムもメトロも張り巡らされているから問題は全然ないんだけどね!!超個人的な好みとして歩き回れるくらいのサイズの小さな街が好きっていうだけ。

 

 

そんなこんなで歩くのをすぐ断念してメトロとトラムを頼りました。

 

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112021458j:plain

途中にあった公園

ヨーロッパは公園というか広場の文化が発達していていいよなあやっぱり。

 

f:id:mockenbird1010:20171112021600j:plain

公園にハロウィンの気配が

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112021617j:plain

この国のメトロが大好きだけどトラムもめちゃくちゃ可愛いんだよなああああああ

 

f:id:mockenbird1010:20171112021653j:plain

正面から

 

f:id:mockenbird1010:20171112021709j:plain

車内ドーーン

 

f:id:mockenbird1010:20171112021720j:plain

車窓から撮るのが好き。

公共交通に加えて、自転車が結構走っていた印象。

これはプラハとは違うところだなあ

 

 

はあ。全く興味なかったけど、ヨーロッパではちょっと鉄オタとかの気持ちがわかってしまった。。。深入りしないようにしよう

 

 

 

そんな感じで到着!

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112022243j:plain

これが中央市場か!豪華すぎてビビる!

そしてすごい人だかり。。地元の人も結構きてる気がした。

 

f:id:mockenbird1010:20171112022328j:plain

お肉屋さん〜〜

 

f:id:mockenbird1010:20171112022624j:plain

人形がいっぱい案内してる

 

f:id:mockenbird1010:20171112022631j:plain

これ!可愛いやつ!

ハンガリーの伝統的刺繍模様のカロチャっていうそうです。

日本でも女の子こういうの最近流行ってなかったか?お土産に良さそう

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112022636j:plain

二階から

 

 

お腹が空いていたのでここでご飯を食べるつもりできた。

ざっくり分けて、

1階が肉、野菜、果物、お酒など

2階がお土産物、雑貨、レストラン街

地下1階が魚など

みたいでした。

 

2階のフードエリアへ向かう。

 

f:id:mockenbird1010:20171112022641j:plain

めちゃくちゃ混み合っとるがな!!!!!

まじかよ!びっくりしたわそれぞれのお店でご飯を買って、近くにあるテーブルを確保してご飯を食べて行くスタイル。

ただ明らかにテーブルの数が人数に対して足りていない。階段とかで食べている人もたくさんいた…おそるべし中央市場の人気…

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112022645j:plain

美味しそうですねぇ…お腹空いてくる…

 

ハンガリーについて食べ物だけは少しリサーチしてからきた!

なんと我らがチェコで普段からよく食べている伝統料理グラーシュはもともとハンガリーのものだったらしい。なんとまあ。

てな訳で本場のグラーシュの味を味わってやろうと思って、グラーシュを食べることに決めていた。他に美味しそうな食べ物いっぱいあったけど。

 

 

列に並んで買うことに。グラーシュ一つ約1000円弱。結構高いなあ…でも食べ物調べている時に「ハンガリーの外食は決して安いものではない」っていう記事を見ていたのでこんなものなのかなあ、最初だしまあいっか!と謎に寛容に食べようとしていた。アジア旅行中の過去の自分が見たら発狂するようなとんでもない愚行だろう。

 

そして店員のお兄ちゃんに捲し立てられるように注文を聞かれ、並んでいるものを指して「このトッピングはいるか?これは?これはどうだ??」と聞かれて、

 

なぜか知らないが、イエスマンになってしまった自分。

 

日本人的断れない意識が出たのか、並んでる中で焦ったのか、初めてのハンガリーに舞い上がっていたのか

 

とにかく、Yesを連呼してしまった…

 

 

気づいたのは注文を終えてから、

あっ、これもしかしてそれぞれお金かかってるのかな…( ←当たり前)

 

ドキドキしながら会計をすると、なんと約2500円近く。

 

!?!?!?!?!!?!???!?

 

「え、え、なんでそんな値段になるの!?」

 

想像していたより遥かに高額な請求にマジでテンパりながら尋ねた。

というか今回のホステルの2泊分よりも遥かに高いんだけどどういうことよ。

 

「これがいくら、これがいくら、これがいくら…」

 

淡々と説明してくれるお兄さん。

 

 

そして更に悪いことに現金が足りない。

 

 

ハンガリーでは基本的にクレカで生活するつもりだったので必要最低限しか降ろさなかったのに加えて、宿がクレカNGだったためほとんど現金がなかったのだ。残り1500円ほど。ドキドキしながら説明したら、下にATMがあるから降ろして来いとのこと。どうしようもないので下ろすしかない。

 

きっちり僕の持ち金は全部預かられました。逃げられねえ

 

 

 

泣きそうになりながら、ATMに行きお金をおろす。そしてさらなる悲劇

 

 

 

あ。。

4000円降ろすはずが、40000円降ろしちゃった。。。。

 

 

…………

もうなんなの!!!泣く!マジで!

やるせないのが全部自分自身のせいってこと。

泣く泣く戻ってお金払ってグラーシュを受け取る。

 

 

店員さんたちがかわいそうに思ったのか

「これギフトにあげるよ」って小さいドリンクをくれた。ワインかな?

ちょっと喜んでいたら、、、

 

なにこれ、なんかのショットじゃん…

 

なんでお詫びがショットなの!?きつい!昼から!なんで!!

絶対飲めない人いるじゃん!もっとみんな飲めるようなワインとかビールとかさ…

 

 

そんなこんなで、悲しみの淵で2500円のグラーシュを味もわからず、なんかのキッツイショットと共に一人食べている僕がいた。悲しい。

 

 

 

ちなみにこれがオーダーした全部。


f:id:mockenbird1010:20171112041123j:image

グラーシュ、スイートキャベツ、サラダ、サワークリーム、辛いソース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ…川が綺麗だ…(悲しみの底)

f:id:mockenbird1010:20171112022656j:plain

 

皆さんも僕みたいなアホな行為をしないように気をつけてください。

そしてあとで調べたら中央市場はやっぱり観光地価格で高いのだとか。リサーチの重要性と調子乗らないようにすることを学びました。初心大事。

 

 

 

 

沈んだ気分を癒すため市内観光

 

まあそうは言っても時間は限られているので、川辺をずっと歩くことで少しだけ心を回復させて、有名どころっぽいところを観光することに。

川はいいよ。川は。傷ついた僕の心を癒してくれて、ありがとうドナウ。

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112022700j:plain

街中のおじお気に入り①

 

f:id:mockenbird1010:20171112022704j:plain

街中のおじお気に入り②

 

 

せっかく天気がいいので夕日沈むのをみたいなあと思って、川の東側の高いところへ行くことに。漁夫の砦って呼ばれるところです。名前がすでにいいよね。

 

というかひが落ち始めるの早すぎ(16時くらい)

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112034426j:plain

ついた!これが漁夫の砦。

とんがり帽子みたいな形が可愛い

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112034410j:plain

うわああ

西日に照らされるブタペスト素敵すぎ。プラハよりもオレンジ屋根統一がしっかりしてる印象。あと突出して目立つ建物が少ないかな。プラハはやっぱり百塔の街と言われるだけあって特殊なんだなあと感じる

 

f:id:mockenbird1010:20171112034422j:plain

国会議事堂だって!これはかなりとんがってますねえ。

 

 

特に予定もなく暇なのでここで夜景も見ようと思って待機することに!

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112022709j:plain

砦の内側にあるマーチャーシュ協会

かっこいい

 

f:id:mockenbird1010:20171112022716j:plain

ヴァーツラフっぽい誰か

かっこいい

 

f:id:mockenbird1010:20171112022723j:plain

なんかセグウェイが市内にいっぱいあった。つくばみたい

かっこいい

 

f:id:mockenbird1010:20171112022726j:plain

怖い

 

f:id:mockenbird1010:20171112022730j:plain

素敵な刺繍があちこちに

 

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112022734j:plain

アコーディオンってかっこいいよね

 

 

そしてさっきの協会の中を見学することにした!暇だったので!

f:id:mockenbird1010:20171112022740j:plain

うわお、装飾が豪華〜

 

この教会、中の装飾がすごいのはもちろん、小さな博物館が併設されているのでなかなか飽きずに楽しめました。見るものがいっぱいあったしね。あと2階に上がれるのが珍しいと思う。

 

日本人団体客がいたのでこっそりガイドさんの話を盗みぎぎ。

ガイドさんいると色々知れていいよなあ。

 

f:id:mockenbird1010:20171112034926j:plain

ちなみにこの教会の超個人的好みはこの柱。

形が好きすぎる、、

 

 

外へ出たら結構暗くなってました!

 

 

ブタペストの夜景

 

f:id:mockenbird1010:20171112034942j:plain

教会も光ってていい感じの雰囲気を醸し出しております。

 

f:id:mockenbird1010:20171112034937j:plain

うわあ、夜景金ピカに輝いててすごい!そして満月!!!

悲しい1日だったけど満月!!

 

f:id:mockenbird1010:20171112034950j:plain

鎖橋も綺麗に輝いております。

でも確かに綺麗だけどなんでこの橋がそんなに観光地として有名なのかいまいち納得できなかったなあ。別に他の橋も綺麗だったし…

 

橋の端っこにライオンがいたくらい…

 

 

f:id:mockenbird1010:20171112034946j:plain

ひときわ目立っているのは国会議事堂。

すごいなあれ。川の対岸正面から見に行ってみたいなあ

 

 

 

 

ということでクソ寒い中歩いて行ってみた。

 

f:id:mockenbird1010:20171112034958j:plain

 

 

めっちゃ立派!!!!

なにこの建物!てか川沿いに立てるのは卑怯だよね。反射で絶対綺麗になるもの

 

なんとなくダブリンの郵便局かな?似たような建物を思い出した。

 

 

 

はあ、なんて夜景の美しい国なんだ。

これで昼のミスさえなければ…(ひきずるタイプ)

 

 

 

 

夜は昼の反省と節約のためにスーパー行ってパンとハムを買った。

そして帰ってホステルで食べて就寝。


f:id:mockenbird1010:20171112041220j:image

 

アジア貧乏旅思い出すわくそう…切ない…

 

 

 

 

 

 

まとめ

反省と悲しみ埋め尽くされたハンガリー初日であった。。

 

観光地っぽいところは値段気をつけること。

マーケットだからって安いと思うのはNG。

お金下ろすときは最新の注意を払うこと。

 

 

ちょっとくらい旅慣れしてきたからって調子に乗らない!!!!(大声)

 

 

 

………この40000円分のフォリントどうしよう。

 

 

 

ハンガリー観光情報

 

 ↓ よければポチッとお願いします^^

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村

 

 

 

color

 

二度目の写真作品投稿です。

 

f:id:mockenbird1010:20171110030540j:plain

color, in Brno

これもまたブルノという街で撮ったもの。

雨の日は嫌いな人多いですが、僕は昔から何となく好きでした。

本当に何となく。

 

今はもっと好きになりました。

理由は素敵な写真が撮れるから。

 

雨の日の街中は本当に豹変する。

 

室内に響く雨音、

中と外の気温差、

太陽のない暗さ、

水たまりの反射、

窓ガラスについた水滴……

 

突然に別の世界になったかのような、いつもと違った雰囲気を感じるのです。

 

 

そこには人々の息遣いが、より深く、より濃密に感じられる。

それでいてどこか神秘的な雰囲気を感じれる。

 

まあ、この写真は雨による単純に美しさを切り取ったものですけれど。笑

 

でも雨の日はぜひめんどくささを乗り越えて、カメラを持って一歩外に出て、写真を撮って欲しい。そう自分に願います。

 

 

 

なんてやってたら、最近風邪ひいたっぽいのでほどほどに…

皆さんも季節の変わり目にはお気をつけください。

 

 

 

写真に関して、コメント・アドバイス・感想など大歓迎です!

何か思ったらぜひ教えてください!

 

 

 

 

プラハというまちに住んでみて

 

 

 

さて、プラハに住み始めてからいつの間にかになんと一ヶ月も経過しています。

驚きを隠せない。光陰矢の如しとはこのことですね。恐ろしい。

 

学校やら生活に慣れるために必要な時間だったと割り切りますね!笑

 

それでも曲がりなりにもこの街で一ヶ月間も過ごして、この街のことを大好きになっているので、印象とかをつらつら紹介していこうと思います!みなさんがチェコにちょっとでも興味を持ってくれたら幸いです^^

 

 

 

通貨

 

一応先に基本情報として。

通過はチェコ・コルナ(クラウン)です。


f:id:mockenbird1010:20171110023623j:image

1コルナ=5.1円くらいです。EU加盟国ですけどユーロは使えないので気をつけてくださいね〜

 

 

物価

 

東欧とはいえヨーロッパ…それなりの物価ですが…

 

ビールパンが異常に安い!!!!

f:id:mockenbird1010:20171109102545j:image

本当に異常なくらいです。日本のビール好きのみなさん、衝撃の事実を言います。

レストランで生ビール500mlが日本円にして、約150円で飲めちゃいます。

スーパーで缶や瓶ビールを買うと、約80円くらいで飲めちゃいます。

日本で言えば、生500円、缶ビールで300円くらいが相場じゃないでしょうか?

余裕で半額以下ですね。はい。日本のみなさんが最初の乾杯の生を飲んでる間に、我々は3杯も美味しくいただけるわけです。今のでだいぶチェコに来たいと思った人多いんじゃないでしょうか?笑

 

しかもチェコのビールは飲みやすくて美味しい!日本のビールのモデルとなったとされるピルスナーの発祥の地でもあるんです!

値段も味も、種類によってもちろん差はありますけどね!

 

ちなみにパンはスーパーで買って小さいものなら10円からあります。

大きな塊のパンで100円。クロワッサンやサンドイッチに使うような小さめなフランスパンみたいな形のパンはだいたい50円です。そういう国なんです。

 

 

しかしその他の物価は残念ながらここまで安くはありません。仮にもヨーロッパなので(仮でもなんでもないけど)

それでもだいたいのものは日本よりも安いですね。

レストランで外食をするとだいたい700-1000円くらいですね。

サンドイッチなどで安く済ませると500円以下でも食べれたりします。

(ちなみに僕の大学の学食は300円くらいでスープまでついて一食食べれちゃいます)

 

 

料理

チェコ料理のイメージって、あんまりないのではないでしょうか。

好みは別れるけど、チェコで外食する際の定番チェコ料理メニューをご紹介!

 

クネドリーキ

これは日本食におけるコメですね。蒸しパンみたいなもので、だいたいどのチェコ料理にもついていたりします。好みは分かれそうですけど、もちもちしていてかなり美味しい…気をつけなきゃいけないのがかなり重いのでお腹にずっしり来ます。しかもお店によっては、4枚も5枚も乗せてくるので少食の人はきついかも!

 

・グラーシュ

元々はハンガリーの料理なのだとか!でもチェコでも代表的な伝統料理として至る所で食べれます。簡単に言えばビーフシチューです。丸いパンの中をくり抜いて容器にした中に入れて出してもらえます^^ かなり日本人の口に合うであろう優しい味です。

 

・ローストダック

ヒルの肉をローストしたものをドンっと豪快に出されます。文句なしに絶品。

 

ローストポーク

豚肉の分厚い切り身を焼いてこってりとしたソースと一緒に食べます。贅沢な…

 

・フライドチーズ

サクサクした衣の中にトロッとしたチーズが包まれているその食感がたまらない。カロリーの塊なのでご注意を。

 


f:id:mockenbird1010:20171109102609j:image

ローストポーククネドリーキ

 
f:id:mockenbird1010:20171109102709j:image

プライドポテトとチキン

f:id:mockenbird1010:20171109102858j:image
ローストダック



f:id:mockenbird1010:20171109103129j:image
グラーシュ

 

まだまだ他にも色々ありますけど代表的なのはこの辺。

海なし国なので基本的にお肉を食べますね。以前伝統料理ということで、鯉のフライを食べたのですがまあまあでした。これだったら肉の方がいいかなあ。

 

 

 

歴史

この国の何が面白いって、歴史ですね。少し勉強してびっくりするくらい興味を惹かれました。中世にキリスト教の腐敗を批判して、民衆にわかりやすいように説教をし、正しいキリスト教を維持しようとして教皇に呼び出され処刑された聖職者。そして彼のいしを継ぎ教会を批判し、カトリックに抵抗した民衆たち。神聖ローマ帝国という大きな帝国の一部だったプラハを当時の帝都ウィーンと並ぶような立派な街にしようとした偉大な王の存在。文芸や錬金術に凝り「魔術王」と呼ばれた王。第一次世界大戦後の民族独立。そしてナチスドイツによる占領。第二次大戦後に独立を果たしたがソ連の影響の下に共産主義国となり、何と言っても『プラハの春』、1968年の民主化運動である。ソ連や他の共産主義諸国に批判されながらも言論の自由をはじめとする改革運動であるが、革命の波及を恐れたソ連による軍事介入で押しつぶされてしまった。しかしその影響もあり1989年には静かに、流血を伴うこともなく革命が成功した。ついに民主化が成功したのである。長きに渡る他民族の占領の歴史の果てに今のチェコという国を勝ち取ったのである。

 

チェコの歴史とは、占領してくる他国の、武器を手に、恐怖を原動力に押し寄せてくる軍隊に対して、勇気をもち、戦車ではなく言葉を武器に我慢強く戦った、そんな無名の市民たちの歴史であると感じた。

 

学べば学ぶほどもっと知りたくなるし、チェコの市民に対する尊敬を持つようになる。

 

と、まあ長くなってしまうのでこの辺りで!笑

 

 

詳しく知りたい方は僕がプラハという街を知るためにとりあえず読んだ本たちです↓

こちら絶賛オススメしておきます!全部楽しくて読みやすいものたちです。

そうじゃないと興味惹かれないから!!笑

 

 

 

街並み

さて。やっぱりプラハといえば街並み、建築ですよね。

中世から残る壮大な建築群が未だに残っているのです。なぜ?それはきっとプラハの市民たちが押し寄せる外敵から、街を守っていく決断をしてきたから。この美しい建築群は、この街を愛する人々の不断の戦いの結晶なのです。 

 

f:id:mockenbird1010:20171110021907j:plain

『百塔の街』と言われるだけあちこちあってとんがってる

 

実際のところ、こっちくるでは正直建築様式とかあまり興味ありませんでしたし、難しくて違う世界のものように感じていました。ですが、そんな僕でも思わず興味を持ってしまうくらいこの街には見ただけで様々な建築様式が存在し、それらが一つの街の中に不思議な調和をもたらしているのです。なんてこった。こんな不思議な調和があるものなのか。

 

簡単に建築様式を区分すると、

ロマネスク様式、ゴシック様式ルネサンス様式、バロック様式、そしてアールヌーボー、更にはキュビズムの建築があり、近代建築となっていきます。

 

キュビズムってあの絵画の世界で有名なキュビズムですよ。ピカソとか。

その様式を建築にしちゃったとんでもないぶっ飛んだ建築家たちがプラハにいたんですよ!ちなみにこれは世界でもかなり珍しいものだそうです。プラハの街の中心地に「黒い聖母の家」と呼ばれる建物がそのキュビズム建築の博物館になっていたりもします。

 

 

建築に関してはここで詳しいことをいうのは控えておきます。一ヶ月経ってプラハがどんな感じか、ってくらいの記事なので。

 

 僕の感想としては、とにかく街並みは美しく、主要通りの脇にそれた細い裏路地がくねくねと続き見たこともないものを見せてくれるようなワクワク感をもたらしてくれます。それがもう最高です。今でもちょっと知らない道に迷い込んでいると全く知らなかった教会があったり、お店があったり、地元の人々の生活が見えたりします。プラハの街並みは、飽きさせずに、常に見る人を楽しませてくれます。

 

f:id:mockenbird1010:20171110022103j:plain

どこかへ誘うかのような小道が大好き

 

あとは素だと思うのがですね。

屋根は美しく町中がオレンジ色。夕日によく生えます。

f:id:mockenbird1010:20171110021736j:plain

オレンジに統一された屋根たち



 

 

建物も古く歴史を感じさせてくれるとともに、鮮やかに色の建物が立ち並び可愛らしい童話の中のような姿を見せてもくれます。う〜〜ん、美味しいところづくし。

 

 

またちょっと郊外に住宅地やビジネスエリアが集中しているようです。

中心地が川の両側に旧市街、マラーストラナをはじめとする観光地、そして新市街の中心通りがある感じです。観光の中心である歴史的なエリアと、近代的な商業の中心となるエリアがこんなに近くに一緒にあるっていうのも不思議なものですよね。

 

f:id:mockenbird1010:20171110022509j:plain

中心より南側には大きなオフィスビルが見えたり

 

 

夜の冷たく引き締まるような独特の空気感も素敵です。

街灯が弱いオレンジ色のものに統一されていてヨーロッパの歴史ある雰囲気を味わえます。

 

f:id:mockenbird1010:20171110022253j:plain

夜にはまた違った顔を見せてくれる


時間の違いはもちろん、きっと春夏秋冬それぞれ別の姿をしているような気がします。

これからが楽しみでしかない…雪降ったら美しそうだなあ…

 

 

まとめ

今回きて一ヶ月くらいでなんとな〜く感じたこととかを簡単にまとめてみました。

ちょっとでもプラハに興味持ってくれたら嬉しいなあ、なんて思ってます。

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

city face

 

突然ですが僕は、写真をやっていたりします。

バリッバリの初心者アマチュア趣味フォトグラファーですが、それでも写真が好きだし、写真で色々なものを表現したいと思っていたりします。もっと写真のことを知りたいし学びたいし自分の写真に対して他の人からの意見やコメントも欲しいと思っています。

しかし残念なことに自分でせっかく作った写真作品もコンテストも何もない時はお蔵入りになってしまします。(facebookにこういう自分のこの全開の写真をあげるのもなんか嫌だし…)

かといって、フォトギャラリーのHPを作っているわけどもない…。

 

 

しかしそれでも表現欲と自己顕示欲を満たすためにどこかweb上に、僕の作ったお気に入りの写真をあげたいなあ、と思っていました。

 

「そうだ、せっかくブログ久々に書き始めるんだったらそこに一緒に乗っけちゃえばいいじゃない!」ということで、たま〜に気に入った写真作品をあげていきたいなあと思っています。

 

 

 

f:id:mockenbird1010:20171109073350j:plain

city face, in Brno

 

記念すべき本ブログの1枚目!チェコで撮った写真ですね。

モラヴィア地方最大にして、チェコ共和国で二番目に大きな街であるブルノです。

 

ここは意外と栄えていて、いわゆる『都会』だったんですよね。というか、僕はそう感じました。もちろん日本の東京なんかと比べればなんて事のない小さな地方都市なんですけどね。それでも前日まで小さな田舎町にいた僕は「都会だなあ」って印象を受けました。

 

都会ってどんなイメージがありますか?豪華で、華やかで、明るくて、美しくて、そしてなんとも言えない不気味さを含んでいるように感じるんですよ、僕は。

 

思うに、それはきっと都会の人々が溢れかえる人間と情報の社会の中で、他人に興味を持たないようになっているから。そんな気がしています。

僕がブルノについてすぐ感じた、そんな都会の『華やかさ』と『不気味さ』を表すような作品にしたつもりです。

 

 

コメント・意見・アドバイス等、是非是非なんでも思ったことを教えていただけると幸いです!!

 

それでは。

 

 

 





留学先としてのプラハ

僕にとって留学とは

 

さてさて!前回完全放置してた留学の話を少しします。

 

「留学をしたい」という想いは漠然と高校生の頃からありました。

なんでって?わかんない!

 

昔から家族が結構海外旅行に行く人たちで、大学生になってから自分自身でも色々な国へ行って見て、外国という未知の世界に惹かれてしまっていたのでしょう。

 

大した理由はありませんでした。単に行ってみたい。外国へ旅行ではなく、生活をしてみたい。そんな想いからでした。一年も住んでみたら絶対違う何かが見えてくる。それが良いものなのか、悪いものなのかはよくわからない。期待しているほどのものではないかもしれない。けどまあ、それならそれで良いんです。経験第一。

 

そんでもって海外で住むのに一番ちょどいいなと思ったのが交換留学なんですよ

安い学生寮に泊まれるし、学校で人と関わる機会も必然的に手に入るだろうし、奨学金も出るし…いいこと尽くしですね!学生としてはなんて堕落した考えの交換留学生!

 

つまるところ、僕が留学に来た一番の目的は勉強でも、何かしらの活動でもなく、「生活」そのものなんですね。全然授業を取っていないけど、そう考えると間違ってなかったんだってちょっと安心できます笑

 

 

留学する目的も理由も人それぞれ、ってね

 

 

 

 

 

 

 チェコ共和国という選択

 

f:id:mockenbird1010:20171109064714p:plainさて、チェコというまたなんとも微妙な国のチョイスをした理由は

 

⑴みんなが留学で行ってなさそうな国がいい (天邪鬼発想)

⑵ある程度生活水準の高い国がいい (インドはいやだ…)

⑶かつ物価も高くない国がいい (お金もない)

 

というとんでもなく身勝手な理由で選びました笑

 

ちなみに、学費などの関係で交換留学が良かったので、自分の大学に提携校があることも条件でしたね。つまり、大学の内容とかほとんど考えてないことが!改めて考えると最悪やな自分!でも来ちゃったものは仕方ない!!

 

そんな感じで、チェコについて「街並みが綺麗らしい!」しか情報を持たない状態で、留学先を決定しました。う〜〜〜〜ん、ノリがいつもの旅と同じでしかない。

 

(ちなみに、他にあった候補の国としては

 カザフスタン、モロッコでした。)

 

 

外向きの理由としては、

一応僕の大学での専門が都市計画なので、「歴史ある建築と街並みがあるから!」ってことにしていますが、実際のところ留学先として選んでから建築のこととかを勉強し始めました笑

 

 

ただ、大事なのはこれから留学中に「何か」を体験することだと思っています。

別に留学で人に誇れるような偉業を成し遂げる必要もないし、英語がペラペラになる必要もないし、友達100人作る必要もないし、大学で素晴らしい成績を収める必要もないと思っています。(それらが達成されたらもちろんすごいし、最高ですけどね)

大事なのは自分の中で「何か」を体験して、感じること。それだけだと思ってます。それは別に人に誇れる必要もないし、数多くの経験をしたもん勝ちってわけでもないと思ってます。ありきたりな言葉を使えば「人生の糧」となるものを一つでも得ればいいと思ってます。日々を漫然と過ごすだけではなく、外部に対して感じる姿勢を持つことが大事ですかね

 

なんか真面目な話になってしまった…

なのでこんなtheゆとり世代的な考えで、このチェコ共和国という国で留学生活送って行きます。

 

まぁ、なんにせよ英語はもっと喋れるようになってかないとな…

自分自身の日々の楽しみのために。。。

 

 

チェコ共和国・プラハに留学中

 

こんにちわ。

 

突然ですが、大学三年生の秋学期、僕は今チェコ共和国首都プラハに留学という名目で住んでおります。

 

経緯としては色々あるのですが、まあ、高校生の頃から漠然と留学したいなあという憧れがあったのでなんやかんやときちゃいましたって状況ですね。

 

なんでこんな久々に突然とブログ再開したかというと、、、

 

暇!!!

 

なんですよね、正直。笑

 

 

もともとそんなに「勉強したい!」っていうモチベーションできたわけでもなく、かと行って「これをしたい!」っていうモチベーションがあったわけでもありません。

 

そんな人間が留学中にぶち当たる壁…

そう、一ヶ月くらいしたら生活にも徐々に慣れてきて、授業もそんなに多く撮っていないため、になるのです。(堕落留学生の鏡ですね)

これから僕のようになんとなくで留学しようとしている人はぜひ気をつけてくださいね^^ 

 

てな訳で、つらつら日記を書いてはいたのですが、「あれ?これブログ書けばいいんじゃね?」って思い当たり久々に書き起こしてる次第です。

ブログやってれば日々を人に話すわけですから、ちょっとくらいまともな行動をするだろうし(そうなると信じている)、日記みたいな感じで自分の記録にもなりますしね!いいことだらけ!決して暇なだけが理由じゃないんですよ☆

 

 

てな訳で、徒然なるままに、つらつらと書いていこうかなと思います。

・僕の留学生活の堕落した様子

プラハに住んでいるためプラハのオススメ情報

・週末とか休みの旅行記

・その他諸々雑記

みたいな感じでやっていこうかなあ、と。

 

ド級飽き性な僕なので飽きずにコツコツやっていけたらなあ

そのためにもなんでもコメントくれたら嬉しいです。

日記だろうとブログだろうと、人と会話したのです。

 

 

ではでは!

 

 

f:id:mockenbird1010:20171108233739j:plain

プラハの街並み



 

 

 

 

(おまけ)キルギスでのはなし

2017.4.3-4 キルギス

 

 

 

本当は湖行ったり、ゲル泊まったり、温泉行ったりとやりたいといっぱいあったキルギス…。

 

(タジキスタンの馬鹿野郎のせいで)時間がなくなってしまって、どれもこれも出来なくなってしまった。

まぁどうせ次トルクメとか行くときにVISA待ちで滞在するだろうからいいんだけど!!前向き!

 

 

3日の朝に相変わらずな雨の中オシュに到着。

 

f:id:mockenbird1010:20170412145021j:image

 

ぐったりしながらオシュの安宿オシュゲストハウスへ送ってもらう。何にせよ、wifi使って色々調べる必要がある。久しぶりのwifi

 

帰国の飛行機が翌日4日の19時ビシュケク発。

オシュからビシュケクへの移動は基本的にシェアタクで12時間ほど。明日早朝出発すればギリ間に合う。

 

が!!!!!

 

もう中央アジアのタクシーは信じないぞ!

 

 

どうせ色々あって出発できないか昼過ぎに出発するのがオチ。(しかも明日雨予報だし)それはまじでまずい。ということで国内線使うことに。前情報として知っていてよかった。オシュ⇆ビシュケクの国内線はめちゃ安くて楽。安いときで2000円ほど。時間は1時間。

 

ということで当日でしたが無理矢理チケットをとり、5000円弱カードで払いました…。背に腹は代えられない!!

 

 

ゲストハウス近くで換金&買い物、食事。

 

 

f:id:mockenbird1010:20170412144729j:image

 ショルパ、マンティ、ナン、チャイ

全部で120ソム。(180円くらい)

 

 

 

部屋に戻ってゆっくり休み、シャワーだけ使って、同室の中国人と仲良くおしゃべり。

 

彼は上海出身。日本が大好きで 、特に漫画が本当に好きみたいで、同じ漫画好きとしてトークに熱がこもる。

 

なんと中国ではほぼすべての日本の漫画の中国語版が載っている無料サイトが、発売してすぐ更新されて行くらしい。なんと…羨ましい…。流石中国…、、

 

 

ワールドカップの時には日本に来るらしい。そん時はよろしく〜って別れた。

 

オシュゲストハウスの人は一時滞在だったので50ソムでいいよって笑って安くしてくれた。というか、ほぼ取ってないようなもん。ありがとうございます(´;ω;`)

 

 

 

マルシュートカで空港まで行く。

ここまで2カ国のものとは違い、キルギスのマルシュは大きくて立派。ほとんどバスみたいなもんでした。

 

 

18時発だったので2時間前には空港着くようにしたのに、検査など簡単に終わりすぎてけっこう待ちました。

あ、ちなみに国内線は荷物制限15kgまでなので注意してください!僕なんか水とか要らないものいろいろ捨てました。笑

 

 

快適な空の旅の後、

ビシュケクに到着。マルシュで市内中心まで出て、迷った末に、南旅館という有名な沈没日本人宿へ行くことに。

ビシュケクはったより全然でかくて都会でした。タシケント並みなんじゃないかって個人的には思った。まぁずっとタジキスタンの小さな村に滞在してたこともあってだろうけど。

 

 

 

南旅館は普通のアパートみたいなところの一室を使った、小さな宿です。おばあちゃんと息子のオーナーがいます。息子は日本語ペラペラらしいけど、僕は会いませんでした。

 

maps.meで場所は出てくるのですが、最初に入る時は一階の入り口で番号を打って、インターホンに出てもらう必要があります。

僕はこれを知らないで痛い目に遭いました。笑

 

 

 

中で日本一周中の日本人と会いました!

今6ヶ月目だとか。トルクメとウズベクのVISA待ちだそう。やっぱりそういう人が来るんやね〜。インドから入って来たのもあって、1週間ほど南旅館に引きこもってるらしい笑

そんくらい快適です。

 

 

 

翌日は彼と一緒に有名なオシュバザールと、市内を散策。

 

やっぱり、かなり大きな街で、中心部に公園が多くあったイメージ。しっかりした形の大きな公園。あと人の彫刻がいっぱいあったかなあ。

 

 

この人面白いのが、世界一周しながらポケモンGOやってるんですよね!笑

なんか一緒に歩いてると、「ちょっとこの道まっすぐ進んでて!新ポケモン出たから捕まえて来る」とか言って小走りで逆走しだすし。なんとコンプ率95%とかでした。恐るべし世界一周…

 

 

彼に聞いてみました、なぜ世界一周を、なぜ旅をするのかと。

 

この質問色んな人に聞くのですが、色んな答えがあって本当に面白い 

 

彼は自己満足のためであると言い切った。

世界一周しながら、ブログ書いたり、色んな面白いことをする人もいる。けどおれはちがう。ただ自分の満足感のためだけにいく。

 

そう言い切るある種の潔さもかっこいいなぁ、と。

 

他にもワーホリの話だったり、ここまでの旅の話だったり面白い話をたくさん聞かせてもらった。刺激をたくさんもらった。本当にありがとうございました!これだから旅はやめられない。

 

 

 

 

あとはひたすら食べ歩いて…

 

 

 

f:id:mockenbird1010:20170412150409j:image

最後のランチはやっぱプロフっしょ!

 

f:id:mockenbird1010:20170412150423j:image

焼きたてのなにか。サモサではない。

イモと肉。生地がかため

 

f:id:mockenbird1010:20170412150434j:image

ケーキ売ってた!安かったし!数十円だよ!

 

f:id:mockenbird1010:20170412150445j:image

キルギスの有名ビール、アルパ!!

こいつデカイのはなんとペットボトルで売ってるという…笑

美味しかったけど、アルコール度数11%あって最後に焦って一気に飲んだから酔いが…いい思い出。

 

 

 

 

最後は宿でだらだらしてたら時間やばくなって、ひたすら走りまくりました。ここまできて飛行機逃してなるものかー!ってね。

なんとか間に合ってよかった。

 

最後まで時間に余裕を持たないで自分らしかったかなぁと苦笑ですね。

 

 

写真は時間なさすぎてテキトーだったんですけど、空港に行くまでの道で見た夕焼けが本当に美しかった。最後に綺麗な顔見せて「またおいでね」って誘ってるみたいに。ずるいぞ、お前。

 

 

f:id:mockenbird1010:20170412151738j:image

 

バイバイキルギス、バイバイ中央アジア

またね。